効果的な手洗い

画像

画像

画像

一日に何度も洗う手指。なんとなく洗ってしまっていませんか?洗ったつもりでいても、実は効果的にできていないこともあります。特に子どもの場合、親の目が届かないところで一人洗いをする時にも、きちんと手を清潔にできるように、効果的な手洗いの習慣を身につけておくことが重要です。手を洗う時、そして洗い終わった後に気をつけるポイントをご紹介します。

さまざまなところに付着している菌やウイルス

子どもが集団で生活をする様々な場所で菌やウイルスが検出されることが報告されています。例えば、アメリカの論文では託児所の幼児用テーブルや床、おむつ替えの場所、おもちゃ、さらには、保育士や子どもの手から、ウイルスや糞便由来の細菌が検出された報告があります1,2)。また、小学校では、水飲み場や蛇口、コンピューターのマウス、キーボード、生徒の机などからウイルスや菌が検出されたり3)、家庭内では冷蔵庫、キッチンの蛇口、ドアノブや電話の受話器などからウイルスが検出された例があります2)。さらに、家族一人の手にウイルスを付けると、その後に他の家族の手や、家庭内の多くの物からウイルスが検出されたという報告もあります4)

画像

洗い残しの多い場所

小さなお子さんは、きちんと洗っているつもりでも洗い残しがあったり、ハンドソープを使わずに手洗いをしてしまうなど、手洗いが効果的にできていないこともあります。

特に指先、親指、手の甲は洗い残しが多いので5,6)、注意して洗うことが重要です。手洗い時間を長くしたり、ハンドソープを使って手を洗うと、手に残るウイルスの数が少ないことも報告されています7)。お子さんも楽しみながら手洗いができる“あわあわ手あらいのうた”は、30秒で効果的に汚れを落とすことができる6つのポーズをするように設計されており、手のすみずみまで洗うことができます※1,2。洗い残しがない方法を身につけましょう。

手洗いミスの発生部位

手背 手掌 ■頻度が高い ■頻度はやや高い

手背 手掌 ■頻度が高い ■頻度はやや高い

手背 手掌 ■頻度が高い ■頻度はやや高い

出典 : 辻 明良(日本環境感染学会監修)病院感染防止マニュアル(2001)

引用 : 厚生労働省「高齢者介護施設における感染対策マニュアル(H25版)」

手に残る水分量の影響

もう一つ大切なポイントがあります。手洗いをした後、手を濡れたままにしていませんか?手で物の表面に触れるとき、手が濡れた状態だと乾いた状態よりも、菌やウイルスが手につく割合が多いという報告があります8,9)。手を拭いたつもりでも拭く時間が短いと、手に残る水分量が多くなってしまいます10)。菌やウイルスが手につくのを防ぐため、手を洗ったあとに、しっかりと乾かすようにしましょう。

手をすみずみまで洗う、そしてしっかりと乾かす。この2つを習慣づけて、清潔な手を保ちましょう。

※1 あわあわ手あらいのうた

【参考】花王 あわあわ手あらいのうた CM(YouTube花王公式動画)

※2 6つのポーズ

①「おねがい」のポーズ ②「カメ」のポーズ ③「お山」のポーズ ④「おおかみ」のポーズ ⑤「バイク」のポーズ ⑥「つかまえた!」のポーズ

①「おねがい」のポーズ ②「カメ」のポーズ ③「お山」のポーズ ④「おおかみ」のポーズ ⑤「バイク」のポーズ ⑥「つかまえた!」のポーズ

①「おねがい」のポーズ ②「カメ」のポーズ ③「お山」のポーズ ④「おおかみ」のポーズ ⑤「バイク」のポーズ ⑥「つかまえた!」のポーズ

【参考情報・参考文献】

  • 1) Bonnie Holaday, DNS, Gayle Waugh et al. Diaper Type and Fecal Contamination in Child Day Care. Journal of Pediatric Health Care 9(2) (1995): 67-74
  • 2) Stephanie A. Boone and Charles P. Gerba. The occurrence of influenza A virus on household and day care center fomites. Journal of Infection 51, (2005): 103-109
  • 3) Kelly R. Bright et al. Occurrence of Bacteria and Viruses on Elementary Classroom Surfaces and the Potential Role of Classroom Hygiene in the Spread of infectious Diseases. The Journal of School Nursing (2009)
  • 4) Akrum H. Tamimi et al. Impact of an Alcohol-Based Hand Sanitizer Intervention on the Spread of Viruses in Homes. Food and Environmental Virology 6 (2014):140-144
  • 5) くらしの現場レポート(花王株式会社 2014年) ほめたり歌ったり、一緒に楽しく!幼児の手洗い習慣、母親の「おもい」と行動
  • 6) 厚生労働省 衛生的な手洗いについて
  • 7) 森功次ら Norovirusの代替指標としてFeline Calicivirusを用いた手洗いによるウイルス除去効果の検討 感染症学雑誌 第80巻 第5号 496-500
  • 8) Sharps, Christopher P., Grishma Kotwal, and Jennifer L. Cannon. Human norovirus transfer to stainless steel and small fruits during handling. Journal of food protection 75.8 (2012): 1437-1446.
  • 9) Gerardo U. Lopez et al. Transfer Efficiency of Bacteria and Viruses from Porous and Nonporous Fomites to Fingers under Different Relative Humidity Conditions. Applied and Environmental Microbiology 79 (2013): 5728-5734
  • 10) D. R. Patrick, G. Findon and T. E. Miller. Residual moisture determines the level of touch-contact-associated bacterial transfer following hand washing.  Epidemiology and Infection 119 (1997): 319-325
Page Top