使用後の
布マスクの洗い方

画像

画像

画像

マスクは、咳やくしゃみなどの飛沫からウイルスが拡散することを防いだり、手に付着したウイルスが手を介して口や鼻に直接触れることを防いだりするために有効です。布マスクは適切に洗い、次に使うときも清潔に使うことができるようにしましょう。

布マスクの洗い方

  • 1.標準濃度の衣料用洗剤(使用量の目安に従って洗剤を水に溶かしたもの)にマスクを10分ひたして押し洗いし、水道水でためすすぎをしたあと、マスクの水気をきる。
  • 2.塩素系漂白剤(購入から1年以内のものを使用する場合)15mlを水1Lに溶かして、マスクを10分ひたす。
  • 3.水道水を用い充分にすすぐ。(3回以上のためすすぎ、または、2回以上の流水ためすすぎ)
  • 4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る。
  • 5.形を整えて干す。
  • 銀イオンなどで抗菌を訴求しているマスクや、ウレタン製のマスクにはこの洗い方は適しません。
    お手持ちの製品の表示をご確認ください。

<ご注意点>

  • 炊事用ゴム手袋を使用してください。
  • 他の人のマスクと一緒には洗わないでください。
  • 1.の洗剤液とすすぎ水にはウイルスが含まれている可能性があるため、洗剤液が飛び跳ねないよう、流すときには充分注意してください。
    できるだけ蓋つきの金属以外の容器(蓋のできるプラスチック容器や蓋つきのバケツ)で10分間ひたした後、押し洗いすることをおすすめします。
  • 1.の洗剤液とすすぎ水は、1Lあたり15mlの塩素系漂白剤を加えて10分放置してから捨ててください。
  • マスクの繊維をいためる可能性があるため、もみ洗いはしないでください。
  • 塩素系漂白剤溶液を作る時にマスクの置き場所に困る場合には、広げたラップなどの上にマスクを一時的に置くと、置いた場所を汚さずにすみます。
  • マスクを洗濯した後は、充分に手を洗ってください。

画像

マスクを洗うときの、ワンポイント情報

★色柄物のマスクには、酸素系漂白剤(粉末タイプ)がおすすめ

色物・柄物は、塩素系漂白剤を用いると変色する可能性がありますので、酸素系漂白剤(粉末タイプ)をおすすめします。
2.の工程で、塩素系漂白剤のかわりに、粉末タイプの酸素系漂白剤5gを水1Lに溶かして、マスクを30分ひたしてください。
(そのあとのすすぎ方法や干し方は、塩素系漂白剤を使用した場合と同じです)

★漂白剤を使用して、布がピンクや黄色に変色してしまったときの回復方法

日やけ止めがついた布に漂白剤を使用した場合、布がピンクや黄色などに変色することがあります。これは漂白剤と、日焼け止め成分の一部が反応し、ピンクや黄色などの色に変化するためで、生地自体が変色したわけではありません。このような場合は、濃縮洗剤で変色したその成分を落とすことで回復します。

  • ・回復方法:濃縮タイプなどの洗剤液をそのまま着色した部分に塗布し、押し洗いをしてしっかりすすぎましょう。1回で消えない場合は何度か繰り返してください。
  • ・洗い方の詳細は、下記の「よくあるお問い合わせ」をご確認ください。
  • 本サイトで紹介しております洗い方における使用量、処理時間等は、花王製品(衣料用洗剤、塩素系漂白剤、酸素系漂白剤<粉末タイプ>)を使用した場合を基準としております。
  • 漂白剤のご使用にあたっては、必ず使用前に、使い方と使用上の注意をよくお読みください。

★「布マスクの洗い方」に関する 「よくあるお問い合わせ」は こちら

【参考】

花王 布マスクの洗い方
(YouTube花王公式動画)

花王 色柄物の布マスクの洗い方
(YouTube花王公式動画)

Page Top