Q.

【廃棄方法】ガス抜きキャップ(残ガス排出用)とは何?


A.

エアゾール製品は、缶の中にガスが残ったまま廃棄されることがあり、ごみの回収車や廃棄物処理施設で火災事故が発生しています。
ガス抜きキャップ(残ガス排出用)は、このような事故を防ぐために、使い終わったエアゾール缶の中に少量残ったガスを簡便かつ確実に出し切るための仕組みです。一般には、装着するとボタンを押し続ける仕組みになっており、指でボタンを押さなくてもガスが排出できます。
まず、風通しがよく火気のない屋外で、シューッという音がしなくなるまでボタンを押し、残った中身やガスを出し切ってください。その後に「ガス抜きキャップ(残ガス排出用)」を使って、容器に残ったごく少量のガスを排出してから、各自治体の分別方法に従ってごみに出してください。
ガス抜きキャップ(残ガス排出用)は、製品によって仕組みや使い方が違いますので、必ず製品の表示をよく読んでからお使いください。

ガス抜きキャップ(残ガス排出用)(ケープの事例)

 

ガス抜きキャップ(残ガス排出用)(8×4パウダースプレーの事例)



<ご注意>
エアゾール品によく使用されているLPガスは、空気より重いので、屋内では換気扇を回していても下にたまって引火事故を起こすことがあります。
危険ですので、屋内(特に台所のシンクの中や浴室の中など)では絶対に中身やガスを出さないでください。必ず風通しがよく、火気のない屋外で行ってください。

この情報で解決されましたか?

上記をお選びになった理由をお聞かせください。さらなる情報改善に努めてまいります。

※ 全角400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。ご入力いただかなくても送信できます。
個人情報は入力しないでください。

送信できませんでした。しばらく経ってからお試しください。

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
回答をご希望の場合は、お問い合わせ一覧よりお問い合わせをお願いいたします。

送 信 中…

ご回答いただきありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Page Top