Share to Facebook Share to Twitter More...

←製品Q&Aトップへ

Q、温泉などで石けんの泡立ちが悪くなるのはなぜ?

硬度の高い温泉水の場合、石けん成分が水の中に含まれているカルシウムイオンやマグネシウムイオンと反応し、より多くの石けんカスが発生し泡が立ちにくくなります。
水の中には、もともとカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれています。石けんはそれらの成分と反応して、石けんカス(金属石けん)をつくります。石けんカスは水に溶けず泡立ちません。


Share to Facebook Share to Twitter More...