ニキビができやすい

ニキビを予防する

ニキビは、過剰な皮脂と、毛穴周辺の過剰な角片、皮膚表面の細菌などが原因で生じる、毛穴周辺の炎症です。
ですから、ニキビの予防には洗顔も有効です。こまめな洗顔で、皮膚を清潔に保ちましょう。毛穴の奥の汚れまですっきり洗い上げる、スクラブ入りの洗顔料もあります。
もし、ニキビができてしまったら、いじったり、つぶしたりしないように。お化粧も控えめにして、肌に余分な刺激を与えないようにします。また、スクラブ入りの洗顔料を使っている場合は、ニキビに対する刺激になる可能性があるので、治るまで一時使用を控えましょう。
あまりひどい場合は、医師の指導を受けましょう。

【コラム:ニキビの原因には男性ホルモンも関係する】

ニキビは、過剰な皮脂と、毛穴周辺の過剰な角片、皮膚表面の細菌などが原因で生じる、毛穴周辺の炎症です。
ニキビは「青春のシンボル」とも言われるように、思春期に多い肌悩みですが、それは、ニキビの原因の1つである皮脂の分泌量が、男性ホルモンの働きと非常に密接に関係するからです。
男性ホルモンは、男性だけでなく、女性にも分泌されます。思春期になって男性ホルモンの分泌量が多くなると、皮脂腺から分泌される皮脂が多くなります。また、女性では、生理前などホルモンのバランスがくずれたときに皮脂の量が多くなり、十分に排出しきれなくなります。
毛穴のまわりは、内側にたまった皮脂や皮脂の分解物の刺激で角化が促進され、角層が厚くなるので、ますます排出されにくくなります。そして、排出しきれなかった皮脂と角片が混じりあって、毛穴が詰まります。

ニキビのできかた

Page Top