上手なメイクの落とし方

メイク落としの目的

メイク落としの目的は、肌に負担をかけずに洗顔では落としにくいメイク汚れをきちんと落とすことです。
メイク化粧品は主に粉体と油剤からできており、汗や皮脂でくずれないような特殊な工夫もなされていることから、通常の洗顔では落としにくい場合もあります。さらに、落としきれずに肌に残っていると、肌への刺激にもなりがちです。
メイク落としでしっかり落として、肌にメイクを残さないようにしましょう。

メイク落としの種類と選び方

メイク落としにはさまざまなタイプがあります。メイクのタイプや、生活シーン、使う場所にあわせて選びましょう。
花王では、以下のような製品を提案しています。

  • オイルタイプ: しっかりメイクを落とす
    ウォータープルーフタイプのアイライナーやマスカラを使った場合は、油で汚れを溶かして落とす、オイルタイプがおすすめです。細かいところにもなじみやすく、重ねづけしたマスカラなどの落としにくいメイクもしっかり落とせます。


  • リキッドタイプ: みずみずしい使い心地でメイクを落とす
    オイルの油っぽさが苦手という人におすすめです。ウォーターベースなのでべたつかず、さっぱりと洗い流すことができます。
    落としにくいマスカラを落とせるものもあります。表示や説明をよくチェックして自分のメイクにあったものを選びましょう。


  • ジェル・クリームタイプ: 肌にやさしい使い心地でゆっくりなじませながら落とす
    ジェルタイプはさっぱり、クリームタイプはしっとりした洗い上がりとなるようにつくられています。
    使用感や仕上がりの肌の感じで、好みにあわせて選びましょう。


  • メイク落とし+洗顔兼用タイプ: メイク落としも洗顔も一度に済ませる
    ペースト状やミルクタイプで、泡立ててから使用するようにつくられています。また、容器から泡で出てくるメイク落としもあるので、手早く落としたいときに便利です。


  • 拭き取りシートタイプ: お部屋で手軽に落とす
    シートタイプは、時間や場所を選ばずにメイク落としができるので、帰宅後にすぐに落としたいときや、外出先で落としたいときにも便利です。オイル成分入りでウォータープルーフマスカラまで落とせる製品もあるので、落としたいメイクにあわせて選びましょう。


上手なメイクの落とし方

どのようなタイプのメイク落としでも、大切なのは、メイク落とし剤をメイクになじませながらふやかせて落とすようにすることです。指先やメイク落としシートなどで、肌をゴシゴシと強くこすることはやめましょう。
使用方法や使用量は、メイク落としのタイプや製品によって異なりますので、製品に記載されている使用方法をよく読んで使いましょう。

参考)洗い流すタイプのメイク落としの上手な使用方法

  1. メイク落とし剤を手に取り、顔全体に広げます。
  2. 肌の上で指先をすべらせるようにくるくるとメイクとなじませていきます。
    メイク落とし剤が届きにくい毛穴の凹み部分や、入り組んだ目もとなどは丁寧に。
    眉間や目の間などの顔の中心線上、こめかみなどのフェイスラインは、手が行き届かず、落とし忘れをしやすい部分なので注意します。
  3. アイメイクは、目を閉じて左右にゆっくりと指を動かして落とします。落ちにくいマスカラなどはあらかじめメイク落としをなじませて、やわらかくしておくとよいでしょう。アイメイク専用のメイク落としを使って落とす方法もあります。いずれも、余分な力をいれずに、ゆっくりとやさしくなじませて、メイク落とし剤でメイクをふやかして落とすことを意識しましょう。
  4. すすぎ残しのないよう、十分に洗い流します。

洗い流すタイプのメイク落としの使い方

Page Top