手のケア

手の肌の特徴

手の肌には、以下のような特徴があります。

  • 手のひらには皮脂腺がない。手の甲も顔に比べて皮脂腺が少ない。
  • 手のひらや指先などは、角層が厚い。
  • 汗腺が多い(頬の約2倍)

手は、ほとんどの場合、衣服などに覆われず外気に直接さらされているうえ、水のほか様々なものに触れます。このため、それら外部からの刺激で、特に指先や指の間などを中心に荒れやすいといえます。

手の肌の特徴

手のケア

手のケアは以下のようなことに気をつけてください。

  • こまめにハンドケアクリームをつけて保湿する
  • 手の甲や手首は日やけするので、お出かけの時は紫外線防止効果のあるクリームなどをつける
  • 爪はあまり伸ばし過ぎないように

ハンドケアクリームを使用する際は、量を多めにつけて、併せてマッサージをするとよいでしょう。マッサージは、お休み前など、決まった時間に習慣づけて行いましょう。

手のマッサージ方法の例

【コラム:手の洗い方】

手は、様々なものに触れることが多く、体のなかでも汚れやすいところです。顔など、体の他の部位に触れることも多いので、常に清潔に保つようにしましょう。手は、体のなかで最も頻繁に洗う部位なのですが、洗い方によっては、十分に汚れを落とすことができません。
以下の手順を参考にして、細かいところまでよく洗いましょう。

  1. 洗浄料を手に取り、よく泡立てます。
  2. 両方の手のひらを合わせて、擦り合わせるようにして、手のひらを洗います。
  3. 片方の手のひらを、もう片方の手の甲にのせて、手の甲と指を洗います。
  4. 指の間隔を少し広げて両手のひらを合わせ、指をはさむようにして、指の間を洗います。
  5. 片方の手のひらに、もう片方の指先をあてて軽くこするようにして、指先を洗います。
  6. 片方の手で、もう片方の手の親指をつかみ、まわすようにして親指を洗います。
  7. 片方の手で、もう片方の手首をつかみ、まわすようにして手首を洗います。
  8. 洗浄料が残らないように、よくすすぎます。
  9. 清潔なタオルなどで水分をふきとります。

関連項目リンク

Page Top