花王の感染症制御研究 デングウイルス蚊の忌避研究

蚊は、人間にさまざまな病気を媒介することから、「世界で最もヒトを殺す生き物」と言われています。蚊が媒介する病気としてよく知られているマラリアでは、1年間に世界中で2億人以上が感染し、40万人以上が亡くなっています[1]。

それでは、蚊はなぜ人を刺すのでしょうか?また、蚊はどのように人を見分けているのでしょうか?
ここでは、蚊の生態と、巧妙なヒト探索のしくみや、蚊が媒介する感染症、その中でもデング熱に関して、花王での研究成果を中心にご紹介したいと思います。

引用文献
[1] WHO fact sheet “Malaria” (2021)
参考URL: https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/malaria

デングウイルス蚊の基礎情報

画像

蚊の生態や、ヒトを探すための高度な探索メカニズム、また蚊が媒介するさまざまな感染症についてご説明しています。

デングウイルスデング熱の
基礎情報

画像

デングウイルスが原因とされているデング熱について、その症状や、予防と対策方法、また殺虫剤成分に耐性を持つ蚊の増加についてご紹介します。

デングウイルス蚊の吸血行動
に着目した
忌避研究

画像

蚊の脚の構造や濡れ現象の詳細、降着行動への肌表面の影響、また、シリコーンオイルの効果や、蚊の嫌う肌表面をつくる発想、更には、同様のメカニズムを持つカバの赤い汗の忌避効果についても掲載しています。

Other contents

画像

アジア地域での
フィールド研究

花王ではマヒドン大学との共同研究や、現地施設の訪問による蚊の感染症に関する課題抽出などの活動を続けています。

画像

論文発表

花王の蚊の忌避研究について、論文等の最新情報を掲載しています。

Page Top