アイロン

  • スタイリング方法

アイロン・コテでは、高温で髪を柔らかくし、水素結合が動きやすくなった状態で、毛流れを揃え形を整えて、水素結合をつくって形づけます。

アイロン・コテを使う前に


ブロッキング


髪を左右、さらに上下に分けて、余分な髪をクリップで留めます。下の部分から巻いていきます。


乾いた髪に使いましょう


濡れた状態で加熱しても、乾くまでに時間がかかってなかなか形づかないうえ、長時間の高温加熱で傷みが進みます。
必ず毛先まで乾かして、毛流れを整えてから使いましょう。
アイロン用のスタイリング剤をつけたら少し時間をおいて湿り気がなくなってから使いましょう。


設定温度は160℃以下がベター


アイロンは100〜200℃以上の温度設定のものが多いのですが、毛髪の弾力低下が起こる160℃以下の温度に設定して、短時間で上手に使うコツを覚えましょう。(参照:熱の影響)

毛束をとる


ひと束の量は多くしない


熱が届かないと、万遍なく水素結合ができないため、思うように形がつきません。
一方で直接当たる部分の加熱時間が長くなり、傷みやすくなります。
アイロン・コテの直径を目安にひと束の量を調節しましょう。
(例:直径32mmなら3cm幅程度の毛束をとります)

1束の量は、アイロンの径に応じて


毛流れ・面をそろえてから、アイロン・コテをあてる


髪が交差してくしゃくしゃのまま使うと、変なクセがついたりして、きれいに仕上がりません。
そのうえ、アイロン・コテがなめらかに動かせず髪に引っかかると、高温で柔らかくなっている髪のキューティクルが大きくはがれたり、切れたりします。
ひと束ずつ毛流れ・面を揃えてから使うと、短時間できれいに仕上がります。
(方法)

  1. クシなどで絡まりをとる
  2. 毛束の根元~毛先まで、アイロンを完全に挟まずにすべらせて、髪を柔らかく添いやすくして、面をそろえる

カール


(1)ひと束について①~④を繰り返します。


①髪の根元をはさんで、アイロンのクリップを半開きにして巻き始めの位置まですべらせ、根元から毛流れを整えます

②好みの巻き方で巻きます

③アイロンのクリップを半開きにして毛先方向にアイロンをはずすとカールがキレイに残ります

④手のひらにカールを乗せて熱が冷めるまで待ちます。冷めるときに形が変わるのを防ぎ、カールが長持ちします。


(2)できあがったカール、巻き髪を軽くほぐし、ふわっと自然に仕上げます。


  • 毛先に向かって、手ぐしを通しながら揺らす
  • 毛束をさいてカールをほぐす

ストレート

ひと束とり、ストレートアイロンで平らになるようにはさんだら、プレスしながらゆっくり毛先まで動かします。
*強く挟んで、強く引っ張らない
*必須参照:毛流れ・面をそろえてから、アイロン・コテをあてる

アイロンでボリュームアップ

ボリュームを出したい毛束の内側にカールアイロンを入れて挟まずにすべらす。

Page Top