茶カテキンの安全性

ふだん何気なく飲んでいるお茶は、私たち日本人にとって大変身近で、1000年以上も昔から愛飲され続けてきた、世界で最も長い歴史を持つ飲み物の一つです。
お茶に含まれる成分には、茶カテキン類、カフェインなどの苦味・渋味成分、テアニンなどアミノ酸類の甘味・旨味成分などがあります。中でも、茶カテキン類は緑茶に多く含まれます。お茶に含まれる成分は、茶葉の種類、製茶法、抽出法などの違いにより、その成分割合が異なります。
茶カテキン類を豊富に含む茶および茶抽出物について、花王だけでなく外部研究機関において、安全性や有効性に関する研究が報告されています。その主な報告の概要を以下にまとめました。

茶および茶抽出物の安全性に関する報告

  • 緑茶は、世界で最も長い歴史のある飲み物の一つであり、わが国でも1000年以上の非常に長い飲用経験があります。
  • 現在の日本人は、緑茶を日常的に飲んでおり、静岡、埼玉などの緑茶生産地では、1日に10杯以上を飲む方がいると報告されています(茶カテキン換算1000~1500mg)*1~4
  • 疫学研究において、家庭で入れたお茶や市販されている茶飲料の摂取により、健康への悪影響が生じないことが報告されています*5~8
  • 茶抽出物に関する安全性評価試験として、これまで数多くの試験(反復投与毒性試験、変異原性試験、発がん性試験、ヒト長期摂取試験など)が行なわれており、いずれの試験においても安全性上問題ないことが報告されています*9~16
  • 茶抽出物は、米国において、FDA(Food and Drug Administration:米国食品医薬品局)により、GRAS(一般に安全と認められる食品)リストに登録されています*17
  • 花王の茶系飲料は、厚生労働省によりその安全性と有効性が審査されて、2003年、2006年に特定保健用食品として表示を許可されました。1日の摂取目安量あたりの茶カテキン量は540mgです。

花王の茶カテキン含有飲料に用いられている茶抽出物の安全性に関する報告

  • 花王の飲料に用いられている茶抽出物は、急須でお茶を入れるのと同様に、茶葉からお湯を用いて抽出したものです。
  • 花王の飲料の1日当たりの摂取目安量は1本です。1本に含まれる茶カテキン量540mgは、緑茶10杯に相当する1000~1500mgを下回っており、食経験の範囲内です。
  • 茶抽出物の安全性評価試験および関連試験として、花王および外部専門機関において、変異原性試験、反復投与毒性試験が実施され、いずれの試験においても、実質的に問題のないことが確認されています(表-1)。
  • これまでに実施されたヒト臨床試験において、被験者の血液および身体上の検査において問題は認められないことが確認されています(表-2)。
  • 花王の茶系飲料を、より高用量(茶カテキンとして900~2700mg)で1週間、1ヶ月間、3ヶ月間摂取する過剰摂取試験においても、安全性上問題ないことが医師により確認されています。

表-1 花王の茶カテキン含有飲料に用いられている茶抽出物の安全性および関連試験

表-2 ヒト臨床試験 論文リスト

茶カテキン含有飲料の安全性(とくに肝機能との関係)

緑茶は、世界で最も長い歴史のある飲み物の一つであり、わが国でも1000年以上の非常に長い飲用経験があります。現在の日本人は、緑茶を日常的に飲んでおり、静岡、埼玉などの緑茶生産地では、1日に10杯以上を飲む方がいると報告されています(茶カテキン換算1000~1500mg)*1~4
花王の飲料に用いている茶カテキンは、急須でお茶を入れるのと同様に茶葉からお湯を用いて抽出したものであり、1日当たりの摂取目安量である1本中の含有量540mgでは上記の摂取量1000~1500mgを下回っており、食経験の範囲内です。

疫学研究において、家庭で入れたお茶や市販されている茶飲料の摂取により、健康への悪影響が生じないことが確認されていることから、緑茶やその飲料は安全であると考えられます*5~8
しかし、近年、海外において、茶抽出物を含むサプリメントによる健康影響が疑われる事例や、茶カテキンを大量に投与した動物実験での肝機能への影響がいくつか報告されています。以下にそれらの内容と、花王の茶カテキン含有飲料の安全性についてご説明します。

茶抽出物を含むサプリメントが肝機能に影響を及ぼすとされる報告
2003年にフランス、スペインにおいて、茶抽出物を含む医薬品を摂取し、肝機能障害が生じた事例が報告されました。フランス当局は、「抽出方法(水アルコール抽出)の特殊性から本製品にのみ関した特別な問題である」との見解を示しています。
また、2007年にカナダ保健省は、茶抽出物を含むサプリメントを摂取した方のうち、肝機能障害が生じた事例を報告しました33)。
他にもいくつかの類似した報告がありますが34)、いずれの報告も、肝機能障害と茶カテキンとの因果関係は明らかになっていません。

茶カテキンは、動物を用いた安全性試験のほとんどで肝機能への影響を含めた安全性上の問題が無いことが報告されています10,12,35)。大量に投与された試験の一部で肝機能に影響が認められたとする報告がありますが、その投与量は、一般的にヒトが緑茶を飲用して摂取する場合と比べて60倍以上と大きくかけ離れた用量です*36,37

茶カテキン含有飲料の肝機能への安全性
花王の茶カテキン含有飲料は、厚生労働省の評価を受けて特定保健用食品の許可を得たものです。2003年の販売開始以来、10年以上にわたり販売しており、その飲用による肝機能への障害性は認められていません。
また、反復投与毒性試験等の動物を用いた安全性試験に問題がないこと(上記表-1)19,20)、および医師により監修された種々のヒト臨床研究(上記表-2)において、肝機能を含む検査項目に悪影響が無いことを確認しています。

以上のことから、花王の茶カテキン含有飲料の肝機能への安全性は、緑茶などの長い摂取経験と数多くの安全性試験によって確認されています。

引用文献

  • * 1 村松敬一郎, 茶の科学, 朝倉書店(東京), p.153, 1991
  • * 2 Imai K. et al., Cancer-Preventive Effects of Drinking Green Tea among a Japanese Population, Preventive Medicine, 26, 769-775, 1997
  • * 3 Suga K. et al., Phase I clinical trial with green tea tablets in a Japanese healthy population, Cancer Prevention International, 3, 79-88, 1998
  • * 4 Sato Y. et al., Possible contribution of green tea drinking habits to the prevention of stroke, Tohoku J.Exp.Med., 157, 337-343, 1989
  • * 5 X. Jin et al., Green tea consumption and liver disease: a systematic review, Liver International, 990-996, 2008.
  • * 6 M. Fon Sing et al., Epidemiological studies of the association between tea drinking and primary liver cancer: a meta-analysis, European Journal of Cancer Prevention, 20, 157-165, 2011.
  • * 7 Yuan JM. Et al., Tea and cancer prevention: Epidemiological studies, Pharmacological Research, 64, 123-135, 2011.
  • * 8 Tomata Y. et al., Green tea consumption and the risk of incident functional disability in elderly Japanese: the Ohsaki Cohort 2006 Study, Am J Clin Nutr., 95, 732-739, 2012.
  • * 9 Isbrucker R.A. et al., Safety studies on epigallocatechin gallate (EGCG)
    preparations. Part 1: Genotoxicity, Food Chem. Toxicol., 44, 625–635, 2006.
  • * 10 Isbrucker R.A. et al., Safety studies on epigallocatechin gallate (EGCG) preparations. Part 2: Dermal, acute and short-term toxicity studies, Food Chem. Toxicol., 44, 636–650, 2006.
  • * 11 Isbrucker R.A. et al., Safety studies on epigallocatechin gallate (EGCG) preparations.
    Part 3: Teratogenicity and reproductive toxicity studies in rats. Food Chem. Toxicol., 44, 651–661, 2006.
  • * 12 Yoshida M. et al., Lack of chronic toxicity and carcinogenicity of dietary administrated catechin mixture in Wistar Hannover GALAS rats, J Toxicol Sci., 36, 297-311, 2011.
  • * 13 Chow H. et al., Pharmacokinetics and safety of green tea polyphenols after multiple-dose administration of epigallocatechin gallate and polyphenon E in healty individuals, Clin.Cancer Res., 9, 3312-3319, 2003
  • * 14 Yamane T. et al., Inhibitory Effects and Toxicity of Green Tea Polyphenols for Gastrointestinal Carcinogenesis, Cancer Supplement, 77, 1662-1667, 1996
  • * 15 Hara Y. et al., Influence of Tea Catechins on the Digestive Tract, Journal of Cellular Biochemistry Supplement, 27, 52-58, 1997
  • * 16 Suzuki Y. et al., Safety of Tea catechin-containing beverage in case of excess ingestion by healthy adults, Kenko Eiyo Shokuhin Kenkyu, 8, 1-12, 2005
  • * 17 http://www.accessdata.fda.gov/scripts/cdrh/cfdocs/cfcfr/CFRSearch.cfm?fr=182.20
  • * 18 Ogura R. et al., Genotoxicity studies on green tea catechin, Food Chem.Toxicol., 46, 2190-2200, 2008
  • * 19 Chengelis C.P. et al., 28-Day oral (gavage) toxicity studies of green tea catechins prepared for beverages in rats, Food Chem.Toxicol., 46, 978-989, 2008
  • * 20 Morita O. et al., Safety assessment of heat-sterilized green tea catechin preparation: A 6-month repeat-dose study in rats, Food Chem.Toxicol., 47, 1760-1770, 2009
  • * 21 Morita O. et al., Effects of green tea catechin on embryo/fetal development in rats, Food Chem Toxicol 47, 1296-1303, 2009
  • * 22 Hase T. et al., Anti-obesity effects of tea catechins in humans, J. Oleo Sci., 50, 599-605, 2001
  • * 23 Nagao T. et al., Tea catechins suppress accumulation of body fat in humans, J.Oleo Sci., 50, 717-728, 2001
  • * 24 大塚和弘ら, 茶カテキン類による女性の体脂肪代謝に及ぼす効果, 栄養-評価と治療, 19, 365-376, 2002
  • * 25 土田隆ら, カテキン類の長期摂取によるヒトの体脂肪低減作用, Prog.Med., 22, 2189-2203, 2002
  • * 26 Kataoka K. et al., Body fat reduction by the long term intake of catechins and the effects of physical activity, Prog.Med., 24, 3358-3370, 2004
  • * 27 Takashima S. et al., The long term intake of catechins improves lipid catabolism during exercise, Prog.Med., 24, 3371-3379, 2004
  • * 28 Nagao T. et al., Ingestion of tea rich in catechins leads to a reduction in body fat and malondialdehyde-modified LDL in men , Am.J.Clin.Nutr., 81, 122-129, 2005
  • * 29 Ota N. et al., Effects of combination of Regular exercise and Tea Catachins intake on energy expenditure in Humans, J.Health Sci., 51, 233-236, 2005
  • * 30 Harada U. et al., Effects of the long-term ingestion of tea catechins on energy expenditure and dietary fat oxidation in healthy subjects, J.Health Sci., 51, 248-252, 2005
  • * 31 高妻和哉ら, 肥満男女に対するカテキン含有飲料摂取の効果, Prog.Med., 25, 1945-1957, 2005
  • * 32 Nagao T. et al., A green tea extract high in catechins reduces body fat and cardiovascular risks in humans, Obesity, 15, 1473-1483, 2007
  • * 33 Sarma D.N. et al., Safety of green tea extracts: a systematic review by the US Pharmacopeia, Drug Saf., 31, 469-484, 2008
  • * 34 独立行政法人 国立健康・栄養研究所 「「健康食品」の安全性・有効性情報」
    https://hfnet.nih.go.jp/ (被害関連情報より「緑茶抽出物」で検索)
  • * 35 Bun S.S. et al., Effect of green tea extracts on liver functions in Wistar rats, Food Chem. Toxicol., 44, 1108–1113, 2006.
  • * 36 Chan P.C. et al., Fourteen-Week Toxicity Study of Green Tea Extract in Rats and Mice, Toxicologic Pathology, 38, 1070-1084, 2010
  • * 37 National Toxicology Program: Green tea extract M030008
    http://ntp.niehs.nih.gov/testing/status/agents/ts-m030008.html
Page Top