茶カテキンの有効濃度

健常男子27名を対象に、1日100mg、540mg、900mgの茶カテキンを12週間にわたって摂取した場合の体脂肪量を測定しました。体脂肪の代表としておなかの中の脂肪 (内臓脂肪) を測定しました。
注) ヒトの内臓脂肪量は、おヘソの位置で輪切りにした写真から、CT画像解析によって求めた面積により評価しました (図-1)。

その結果、茶カテキンを1日540mg以上継続的に摂取することにより、CT画像により解析した内臓脂肪量 (内臓脂肪面積) が統計的に有意に低下しました(図-2)*1
注) 図-2は茶カテキン摂取前の内臓脂肪面積を100としたとき、茶カテキン摂取12週間後の内臓脂肪面積がどれくらいになったかを示したものです。個々の点は各個人を表しています。

図-1 CT画像解析による腹部脂肪量の評価

図-2 体脂肪低減効果に有効な茶カテキン濃度

内臓脂肪

内臓脂肪は、エネルギーの貯蔵、体温の調節、内臓の保護など、重要な働きをするもので、ある程度は必要ですが、過剰に蓄積されると糖尿病、高血圧などの生活習慣病の発生に深く関与すると言われています。

引用文献

  • * 1 Nagao T. et al., J.Oleo Sci., 50, 717-728, 2001
Page Top