その他の花王の技術トピックス

  • 花王の美髪・育毛技術

洗浄技術

頭皮のお手入れや頭皮の実態に合わせ、洗浄技術を導入。
2001年 洗髪頻度が高くなる中で、髪と地肌にやさしい弱酸性に。
2006年 地肌の生まれ変わりのリズムを整えて地肌のトラブルを抑える構成に変更。
     殺菌剤フリーで、現代日本人の頭皮トラブルに対してより効果的な地肌ケアを提案。
2010年 界面活性剤の角層への収着を抑えるマイルド洗浄技術を導入。
2014年 なで洗いによる頭皮トラブルが見られる実態を踏まえ、なで洗いでは取り除きにくい固形皮脂をよりすみやかに落とせる構成に。

うねり緩和技術

2種類のコルテックス細胞がかたよって髪の形状に現れるのが、うねりやクセ。
この細胞の性質の違いを利用して形状に現れにくくする成分( P T S 塩 )を配合したシャンプー・コンディショナーを使い続けると、うねりが緩和され毛流れが揃いやすくなります。

  • Memo

美しい髪の三要素(なめらか、つややか、しなやか)の研究、自然な感触で風になびくヘアスタイル嗜好から、理に適ったお手入れにつながるヘアケア技術を開発しています。

速乾技術

ヘアスタイルの持ちをよくするために髪を十分に乾燥する必要があるとわかっていても、多くの女性が乾かしきれていない実態があります(花王調べ)。
濡れている髪1本1本を早くばらけさせる技術により、髪の乾燥時間が最大で半分に短縮されました。
これにより、乾かしそこなうことが減り、半乾き時のヘアスタイルの乱れを防ぎます。また、乾燥時に髪にかかる負担も軽減されます。

絡まらない髪を目指した、髪表面の補修技術と合わせることにより、実効感のある速乾性を実現しています。

髪をしなやかにする技術

理想的な髪質の要素は、表層が柔らかく、内部が弾力に富んでいること。
そんな髪質に近づける3剤式のヘアケア技術。
これにより表層の柔らかさは保持され、内部の弾力がアップします。

  • シャンプーで表層のカルシウムを取り除く
  • 中性トリートメントで表層を柔らかくする成分を浸透
  • 酸性トリートメントで、空洞を補修し内部の弾力をアップ
    さらに表層を柔らかくする成分を定着させます

Page Top