女性の薄毛・抜け毛

  • 髪の変化・エイジング

出産後脱毛

女性ホルモンには、ヘアサイクルが成長期から退行期・休止期に移行することを抑制する働きがあります。妊娠中の女性は、女性ホルモンのレベルが非常に高いため、毛髪は退行期・休止期に移行せず、脱毛しにくい状態になるのです。
出産後、女性ホルモンは急激に減少し、通常のレベルに戻ります。この時、これまで成長期で維持されていた髪が退行期・休止期に入るため、一時的に抜け毛が増加します。これが出産後脱毛です。
その後、新しい毛髪が通常のヘアサイクルに従って成長し始め、抜け毛もふつうのレベルに戻ります。一般的に産後すぐ症状が見られ、6か月~1年で戻ることが多いようです。期間は、女性ホルモンの分泌量や生活習慣などでかなり個人差があるようです。
★ちなみに、出産後に髪質が変わったという話も耳にしますが、それは栄養状態(授乳や食事内容)の変化が影響している可能性が考えられます。

加齢に伴い、成長期の髪の割合が少なくなる

女性の加齢に伴う薄毛では、頭部の比較的広い範囲で、髪が細くなり、ハリ・コシがなくなり、毛髪の本数も減少します。
50代以上の女性では、ヘアサイクルの変化が認められています。成長期の毛髪の割合が減少して休止期の毛髪の割合が増加します。これにより抜け毛が増え、髪の本数が減ります。さらに、成長期の髪の成長速度が遅くなるため、細くなります。
太さや本数の変化が始まるのはヘアサイクルの変化よりは平均的に早く、個人差もありますが、40才ごろから細く、30代から少なくなります。加齢だけでなく、遺伝やホルモンバランスなどの影響もあると考えられます。

Page Top