エコの輪をひろげる 「企業の森」と「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト」の活動 ~社員参加型の環境保全活動~

エコの輪をひろげる 「企業の森」と「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト」の活動 ~社員参加型の環境保全活動~

エコの輪をひろげる 「企業の森」と「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト」の活動 ~社員参加型の環境保全活動~

社員参加型のプログラムで、
豊かな自然を未来につなぐ

花王は、「企業の森」活動などを通じて、社員自らが積極的に環境保全に携わることで、
地域の豊かな自然の保護や育成に貢献したいと考えています。

地域の自然や
文化の理解にもつながる、
和歌山の「企業の森」活動


全国各地で、自治体と企業が手を携えて森林保全に取り組んでいる「企業の森」ですが、花王は、国内最大の生産拠点を持つ和歌山県で、2007年から「企業の森」活動に取り組んでいます。和歌山工場では、工場で利用する水の水源でもある紀ノ川の上流で、和歌山県が推進する「企業の森」事業に参画。2007年からスタートした「花王の森 紀美野」に加え、2017年からは、「花王の森 おいし」でも森林保全活動に取り組んでいます。

地元で採取したカヤの苗木を自宅で育てる社員の家族

自宅で育てたウリハダカエデの苗木を植樹する社員と家族(花王の森 おいし)

「花王の森 おいし」では、荒れた山林0.8ヘクタールを無償で借り受け、まず地元の森林組合の方といっしょに、地拵え(じごしらえ)という植樹の前の整地作業を行いました。また、この地域の樹木の遺伝子を守るため、この地域に自生する苗木を採取して社員の自宅で育ててから植樹するという新しい試みもはじめました。2018年は、それらの苗木と県内で調達した苗木を合わせて8種67本を植樹しました。
これからも、2つの活動地域で、社員や家族、海外からの研修生やOBが地元の方や森林組合のみなさんと交流を図りながら、森林保全活動に取り組んでまいります。

被災地の生態系の調査研究に
協力し、
グリーン復興を応援


東日本大震災の被災地では、認定特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパンによる、津波で被害を受けた干潟での生物多様性の保全に関わる調査研究に、2013年から社員がボランティアとして参加。被災地の復興支援と生物多様性の保全活動を現地で体験することで、社員の意識の向上にもつながっています。

干潟での調査

干潟での調査


\こちらもCheck!/

コンセプトアニメーション

花王の「すべてがエコにつながるモノづくり」を、
1つのストーリーにしました。

Page Top