エコの輪をひろげる 国内外で環境啓発活動を推進 ~自治体や企業と連携した取り組み②~

エコの輪をひろげる 国内外で環境啓発活動を推進 ~自治体や企業と連携した取り組み②~

エコの輪をひろげる 国内外で環境啓発活動を推進 ~自治体や企業と連携した取り組み②~

さまざまな機会を活用して、
国内外でコミュニケーション活動を推進

花王は、お客さまと直接ふれあうことができる、販売活動を通じた、
環境コミュニケーションを大切にしています。

自治体や流通企業と連携した
コミュニケーション活動を推進


花王は、全国の販売拠点のネットワークを活かして、お客さまとの環境コミュニケーションに取り組んでいます。
 
店頭は、お客さまと直接コミュニケーションできる場です。そこで、流通企業や自治体と連携して、エコに関する日常生活での工夫や、製品の環境性能などについて、小さなお子さまにもわかるように工夫した啓発ツールなどを使って、わかりやすくお伝えしています。「環境宣言」を発表した2009年から2018年までに、累計約63万人の消費者の皆さまにご参加いただくとともに、2016年には「平成28年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞するなど、その活動は着実に広がりを見せています。

流通企業の店頭での環境啓発イベント

山形県酒田市の「2017酒田産業フェア」の花王ブース

中国では、政府とともに
節水運動を全国に展開


2012年からは、中国政府(環境保護部)と協働で、「中国清潔・節水全国運動」を展開しています。この活動は、中国で深刻な社会問題となっている、水不足解消のための節水啓発活動に、中国政府と、節水型衣料用洗剤を販売する花王とがともに手を携えて取り組んでいるものです。
 
「1世帯1年間1万リットルの節水(中国語表記:一家一年一万升)」をスローガンに掲げ、毎年3月から中国各都市でキャンペーンを展開しています。2015年からは、中国国内の大学も加わるなど、活動が拡大。毎年、中国の大学において、学生達が環境保全に関するアイデアを提案してもらうイベントも実施しています。3月末に提案してもらったアイデアの活動成果を、6月に発表してもらいますが、年を追うごとに活動範囲や内容が拡充。近年では節水だけでなく、生物多様性や土壌の保護、ごみ処理など、提案される活動や研究のテーマも多岐にわたっています。
 
また、こうした自治体や流通企業と連携した環境コミュニケーション活動は、台湾やシンガポールなど、海外にも拡大しつつあります。

2018年節水キャンペーンの開会式典

すすぎ1回で済むことを実験で確認


\こちらもCheck!/

コンセプトアニメーション

花王の「すべてがエコにつながるモノづくり」を、
1つのストーリーにしました。

Page Top