画像

花王のESGコミットメントの基盤

My Kirei Lifestyle実現に向けて揚げる3つの柱、「快適な暮らしを自分らしく送るために」「思いやりのある選択を社会のために」「よりすこやかな地球のために」の実行を支えていく基盤となります。花王の従業員一人ひとりが常に正道を歩んでいくために、次の7つの重点取り組みを推進し、誠実で清廉な事業活動を通じて世界の人々のこころ豊かな暮らしを支えていきます。

正道を歩む

実効性のある
コーポレート
ガバナンス

花王は、「グローバルで存在感のある会社」となるために、コーポレート・ガバナンスのあり方を随時検証するとともに、法と倫理に則って行動し、社会の変化に対応しながら、誠実で清廉な事業活動を行ない、ESG戦略を着実に実行していきます。

徹底した
透明性

花王は、製品に関する透明性を高め、正しい情報を適切にわかりやすくお伝えしていくことが、生活者の正しい選択や快適な暮らしにとって重要であると考えています。ウェブサイトやさまざまなステークホルダーとの交流の場を通じて、タイムリーに情報を開示しています。

人権の尊重

花王は、人権に関する国際規範を支持、尊重し、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいて「花王人権方針」を策定し、企業活動全体において人権侵害ゼロの実現に向け取り組みを進めています。「花王人権方針」は、経営会議の承認を受け、2015年に公表しています。

受容性と
多様性のある職場

ダイバーシティから生まれる活力が事業の発展を支えるとの認識にたち、多様な社員それぞれが能力と個性を最大限に発揮し、個人と企業がともに成長できる環境と風土づくりをめざします。

社員の
健康増進と
安全

花王の事業活動の源泉は、いきいきとした社員(=GENKIな社員)であり、そのベースは社員の健康です。GENKIな社員が社会活動に邁進できるよう、私傷病や就業制限がある社員の不安をできるだけ軽減・解消して、人財力を最大発揮できる環境整備に努めています。

人財開発

「人」は会社にとって最大の資産です。社員一人ひとりが持つ無限の可能性を引き出し、大きな活力を生み出すとともに、その活力を組織として最大限に活かすことをめざします。仕事の達成や社会への貢献を通じて、個人と企業が共に成長する環境と風土づくりを推進しています。

責任ある
化学物質管理

花王は、科学的根拠に基づくリスク評価手順とリスク管理手順を用いて、化学物質が人の健康と環境にもたらす著しい悪影響を最小化することを目的に、開発、製造、および使用から廃棄に至るライフサイクル全体にわたって化学物質を適切に管理し、Kirei Lifestyle Planのもと、責任ある化学物質管理を推進して社会のサステナビリティに貢献していきます。

Page Top