ベトナム学校衛生プロジェクト

image-01

アンザン省で児童たちと正しい手洗い方法の確認(第1期)

この10年、ベトナムはめざましい経済成長を遂げました。しかし、地域格差が大きく、特に山間部や農村部、少数民族が多い地域では、衛生環境が整っておらず、多くの人々が依然として屋外で用を足したり、非衛生的なトイレを使用しています。そのため、慢性の下痢疾患などで子どもたちの健康な発育が阻害されています。
花王では、それらの人々の生活向上をめざし、2016年から、国連児童基金(ユニセフ)による学校衛生プロジェクトの活動を支援しています。
子どもたちが学校で身につけた衛生的な習慣が、家庭やコミュニティへ広がり、屋外排泄が根絶されることをめざしています。
第1期(2016~2020年)では60校3万5千人への支援を実施しました。

プログラムの概要

支援内容

第2期(2021~2023年)

  • 安全な水と衛生設備の管理、衛生指導のための教員支援
  • 学校や地域での衛生教育、関連イベントの支援
  • 機構と環境に配慮した衛生設備の導入

目標

第2期(2021~2023年)

  • 生徒、教員のべ26,580人へのアプローチ

ベトナム学校衛生プロジェクト (ユニセフと連携)

Page Top