開発段階:2.製品の安全性確認

花王グループでは、製品ごとに使い方や特性、使用場面を考慮して安全性評価を行なっています。
すでに発売されている商品で蓄積された情報をもとに、通常の使用条件だけでなく、予測しうる過剰使用や誤使用も考慮して安全性を評価しています。

環境への影響

衣料用洗剤や食器用洗剤などの洗い流す製品は、家庭で使用されたあと、多くは生活排水として下水処理場で処理されます。しかし下水処理環境が十分に整っていない場合などでは、環境中に出ていく可能性があります。

このような製品では、人体への安全性だけではなく、環境への影響も考慮します。
配合されている原料が容易に生分解されるか、河川などの環境にいる水生生物に影響を及ぼさないか、食物連鎖に従って生物に蓄積しないかなどを必要に応じて評価します。

実際の環境中でも影響を及ぼさないよう十分考慮して製品設計をしています。

Page Top