サプライヤー(お取引先)との連携

花王は、さまざまな取り組みを通じて、サプライヤーとの連携を強化し、グローバルな調達の推進に取り組んでいます。

お取引先懇談会

花王では、毎年お取引先との情報共有、意見交換の場として「お取引先懇談会」を開催し、年度ごとにテーマを決めてコミュニケーションを図っています。
また花王の海外主要関係会社においても、お取引先懇談会(Vendor summit)を開催し、お取引先とのパートナーシップの強化を図っています。

品質向上会議

"よきモノづくり"の実現のため、品質の改善が必要なお取引先とは「品質向上会議」を開催し、お取引先と花王が一体となった品質の改善に向けた取り組みを推進しています。

お取引先のモニタリング

環境、安全、法令と社会規範の遵守、人権・労働問題の取り組みなどを定めた「調達先ガイドライン」を制定し、その遵守状況のセルフアセスメントをモニタリングしています。
基準に満たないサプライヤーには、訪問して課題を共有するとともに、改善に向けた取り組みを実施しています。

CDPサプライチェーンプログラム

花王は、資源制約や環境問題、人権課題など、持続可能な開発におけるリスクを認識し、持続可能な原材料の調達に取り組んでいます。これらの取り組みは、サプライチェーン全体で管理することが重要なことから、CDPサプライチェーンプログラム*1 に参加しています。気候変動および水について、サプライヤーに情報開示を求めています。

  • * 1 CDPサプライチェーンプログラム
    CDPとは、機関投資家の運営による、ロンドンに本部を置く非営利団体であり、気候変動、水、森林に関する情報開示を世界の主要企業に求める活動等を行なっている。サプライチェーンプログラムは、CDPが企業と連携し、企業が自社のサプライヤーに気候変動や水に関する情報開示を求めることで、サプライチェ-ン全体での取り組みを進めるプログラム。

Sedex

お取引先のモニタリングを標準化された方法でグローバルに推進するため、また人権デューディリジェンズにおけるリスクの潜在個所を特定するため、世界的な企業倫理情報共有プラットホームであるSedex*2 を採用し、サプライヤーへの加入要請を進めています。

  • * 2 Sedex(Supplier Ethical Data Exchange)
    グローバルサプライチェーンにおける倫理的かつ責任あるビジネス慣行の促進を目的に、労働基準、健康と安全、環境、ビジネス慣行に関する情報の共有と確認を行う世界最大規模の協働プラットフォーム
Page Top