• 環境・安全への取り組みトピックス

2016年07月06日

アジア最大級の環境展示会「エコプロダクツ国際展2016」に、花王が出展

6月8日(水)~11日(土)、タイのバンコクで、アジア最大級の環境展示会「エコプロダクツ国際展2016」が開催され、タイで長年にわたり、家庭用製品、工業用製品事業を展開している、花王グループからも出展をしました。

さまざまな環境への取り組みを紹介した花王のブース

さまざまな環境への取り組みを紹介した花王のブース

花王の環境に配慮したモノづくりなどを紹介

「エコプロダクツ国際展」は、アジア太平洋地域における、社会経済発展に寄与する活動に取り組んでいる政府間協定で設立された「アジア生産性機構」が主催して、アジア各国で開催しているもので、今年で10回目を迎えます。今年の開催地のタイは日系企業も多いことから、花王など、日系企業32社を含む、合計129社が出展。4日間で43,000人を超える来場者が会場を訪れ、花王のブースにも多くのお客さまにお越しいただきました。

タイの過去の大賞受賞作品に見入る子供たち

タイの過去の大賞受賞作品に見入る子供たち

花王ブースでは、花王グループの環境に対する、さまざまな取り組みを紹介するとともに、タイでもおなじみの衣料用洗剤「アタック」などの家庭用製品や工業用製品、タイで公益財団法人オイスカと共に取り組んでいる植樹活動などについて、ご紹介しました。

また、今年で7回目を迎えている「花王国際こども環境絵画コンテスト」では、過去に3人もの地球大賞受賞者を輩出した、タイの子供たちの作品を展示。ブースを訪れた、タイの小中学生たちは、興味深げに仲間たちの作品に見入っていました。

花王の活動が評価され、EPIF 2016 awardsを受賞

プラジン副首相(右)から盾を受け取る瀧社長(左)

プラジン副首相(右)から盾を受け取る瀧社長(左)

また、今回の出展社の中から、環境に対する優れた取り組みが評価されるコンテストでは、花王グループがEPIF 2016 awardsを受賞し、瀧 花王タイランド社長が、タイのプラジン副首相から盾を授与されました。

これからも、花王グループは、社会のサステナビリティへの貢献をめざして、さまざまな環境保全活動や環境コミュニケーション活動に取り組んでまいります。

Page Top