環境・安全の基本理念と基本方針

地球環境との新たな調和をめざして

花王グループは、「商品の開発・生産・流通・消費・廃棄までの事業の全段階において、環境の保全と人の安全に十分配慮し、持続的発展可能な社会の実現に貢献する」という理念のもと、次のような基本方針にそって企業活動に取り組んでいます。

さらに2009年6月には、エコロジーを経営の根幹に据えるという「花王の環境宣言」、および、新たなコーポレートメッセージ「自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして」を制定しました。これからもよりいっそう環境に配慮した取り組みを実践してまいります。

環境・安全の基本方針

1.従業員の健康・安全と操業の安全

従業員の健康増進と快適な職場環境の形成及び労働災害の撲滅、潜在的危険性の低減、並びに安全な操業の維持に努める。また、定期的な訓練を行ない、安全の確保、緊急時の対応に備える。

2.環境・安全に配慮した製品の開発

製品・技術の開発にあたっては、製造から廃棄までの全段階で環境・安全についての評価を行ない、環境負荷が小さく消費者が安心して使用できる製品の提供に努める。

3.省資源・省エネルギー・廃棄物削減

地球環境を保護するために、製品の設計段階で省資源、省エネルギー、廃棄物削減等に配慮した技術の開発に努める。生産活動においては、資源やエネルギーの効率的な使用や廃棄物・副産物の削減、再使用、再生利用に努める。

4.地域の人々の安全と環境保全に責任ある対応

事業活動においては地域社会の一員として環境対策に積極的に取り組み、地域の人々の安全と環境の保全に努める。また環境・安全に悪影響を及ぼすような事態や状況には、迅速に責任を持って対処する。

5.法規制・自主基準の遵守

事業活動のあらゆる場面において、関係する法規制や取り決め等を遵守すると共に、自主的な行動基準を設定し、忠実に実行する。

6.教育の充実

従業員が、環境・安全に対する自らの責任を自覚して行動するために、教育を継続的に推進する。

7.自主評価の実施

PDCAサイクルによる継続的なレベルアップを図るために、定期的な監査・自主評価を行なう。

8.情報開示と社会からの信頼の向上

環境・安全に関する方針、データを積極的に開示し、双方向コミュニケーションを行ない、社会からの信頼の向上に努める。

花王株式会社の「環境・安全への取り組み」の詳細は、こちらからご覧ください。

Page Top