花王のSAICM推進活動

花王のSAICM推進活動

花王グループでは家庭用製品・工業用製品と幅広く化学物質を取り扱っており、従来から積極的に化学物質管理を進めてきました。さらに、より安全かつ適切に化学物質を使用するために、国際的に調和したSAICMに沿って化学物質管理を推進・強化しています。花王グループでは、SAICM推進活動において、3つの重点目標を掲げ活動を行なっています。

1.リスク評価

花王で生産、使用している化学物質について製造量・用途・使用数量などを考慮し優先順位をつけ、ヒト健康や環境への影響等のリスク評価を行ない、適正な化学物質管理につなげていきます。

2.ライフサイクル管理(生産・物流などを中心とした管理)

化学物質を取り扱う作業場や工場周辺に住んでいる方およびその環境への影響等についてのリスク評価を実施し、生産・物流での安全な製造・使用をめざします。

3.リスクコミュニケーション

化学物質のリスク評価に基づく安全性情報の公開と、社外関係者とのコミュニケーション活動を行ない、リスク情報を共有化し相互理解を通して、より一層の信頼関係の構築をめざします。

Page Top