シャンプーの洗浄成分/界面活性剤の代表例

  • 頭髪製品まめ知識

シャンプーの洗浄成分/界面活性剤の代表例


ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル塩
(ラウレス硫酸塩、サルフェート、高級アルコール系、ES、AESなどとも呼ばれる)


最も汎用なアニオン性界面活性剤。
皮脂の洗浄力、泡立ち、泡のなめらかさが、アミノ酸系、ベタイン系、石鹸系の中で最も優れている。
皮膚刺激性、アミノ酸溶出量は、石鹸系よりも少なく、アミノ酸系と同程度で刺激性が低い。
以前アルキル硫酸エステル塩(AS)が盛んに使われていたが、ポリオキシエチレン基を導入することで、皮膚刺激性が低減された。

  • Memo

硫酸エステル塩(AS、AESなど)の開発
高級アルコールを硫酸化して得られるアルキル硫酸エステル塩(AS)は、溶解性や洗浄性が石けんより優れ、硬水に対しても使用できるため、家庭用や工業用の各種洗浄剤として広く使用されています。
高級アルコールに酸化エチレン(エチレンオキシド)を付加して硫酸化したポリオキシエチレンアルキル硫酸エステル塩(AES)は、ASに比べ、水溶性や他の成分との相溶性が向上、また皮ふや眼に対する刺激が低いことから液体洗浄剤(シャンプー、台所洗剤など)の基剤としてよく使用されています。


アミノ酸系(N-アシルタウリン塩、アシル化グルタミン酸塩など)


皮脂の洗浄力、泡立ち、泡のなめらかさの点で不足していて、単独で主洗浄成分としては使われないものが多い。
皮膚刺激性は、上記と同程度で低い。眼粘膜刺激性が特に低いアシル化グルタミン酸塩が、敏感肌用製品に採用されている例が多い。


ベタイン系(アルキルプロピルベタイン系、スルホベタイン系など)


単独では洗浄力、泡立ちとも良くなく、起泡助剤として使われる


石鹸(脂肪酸ナトリウム/カリウム)


洗浄力、泡立ちおよび泡の安定性、泡のすべりに優れているため身体洗浄剤に使用されている。
ただし、低温では洗浄力が低下し、また洗浄力を発揮するのはアルカリ性である。
水中の金属と脂肪酸塩(スカム、水垢)を形成し、油っぽくギシギシした感触が残り、蓄積すると酸性のシャンプーやリンスでないと洗い落とせない。
皮膚刺激性、アミノ酸溶出量の点で、ESやアミノ酸系より劣る。
また、アルカリ性で使われるため、毛髪が膨潤しやすく、カラーリング毛には、色持ちの点でも劣る。

  • Memo

塩の話:広義に酸由来のアニオンと塩基由来のカチオンとがイオン結合した化合物のこと。
塩酸(HCl)は酸で、塩化ナトリウム(NaCl)は塩。同様に硫酸(H2SO4)は酸で、ラウレス硫酸塩は塩。塩は強酸である塩酸や硫酸とは異なります。

Page Top