「初期むし歯」に着目したむし歯予防技術

パーソナルヘルス

「初期むし歯」とは、歯からミネラルが溶け出し、表面からわずかに内側の密度が低くなった穴の開く一歩手前の状態をさします。フッ素を歯の内部に取り込ませ、唾液中のミネラルによる再石灰化作用を促進することで修復できる可能性があります。2種のフッ素-フッ化ナトリウム(NaF)とモノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)を歯に供給することが有効ですが、通常のハミガキ容器に入れると、研磨剤のカルシウム(Ca)と反応してしまい十分な効果が得られません。そこで2層チューブ容器を開発して問題を解決し、この技術を『クリアクリーンプラス』に応用しています。

画像

歯のX線写真(CMR)によるう蝕(むし歯)の解析

2種のフッ素の再石灰化作用のメカニズム

画像

<関連するテーマ>

花王のESGの取り組み
Kirei Lifestyle Plan

画像

持続可能な開発目標(SDGs)

画像

Page Top