透湿性バックシート

サニタリー

花王の紙おむつの外側の部分には、「透湿性バックシート」というシートが使われています。これは、おしっこをもらさず、おむつの中の水蒸気を逃すことでムレを軽減するためのものです。このシートは、単なる平滑なフィルムに見えますが、実は撥水性で、約0.2μmの非常に微細な孔が多数開いた構造をしています。この孔の開口径は、水滴(100μm以上)の1/500以下と小さく、水蒸気(0.0004μm以下)と比較した場合は500倍も大きいため、水滴は外に漏らさず、水蒸気だけを通過させることができるのです。 花王は、孔の数と大きさの改良を重ね、液を外にもらさない性能と高い透湿度を有する性能を、高いレベルで両立したシートを開発し、赤ちゃん用紙おむつ、大人用紙おむつに使用しています。

画像

通気性評価実験

<関連するテーマ>

花王のESGの取り組み
Kirei Lifestyle Plan

画像

持続可能な開発目標(SDGs)

画像

Page Top