鋳造用フランバインダーの硬化反応制御技術

金属・鋳造

鋳造はさまざまな産業を支える基盤技術であり、工作機械や自動車部品などに多くの鋳物製品が使用されています。一般に、鋳物は砂をバインダーで接着させた鋳型に、1400℃の溶融金属を流し込むことでつくられています。

花王は、鋳造工場の現場が再現できるさまざまな設備を有しており、耐熱性ネットワークポリマーであるフランバインダーの開発を行なっています。フランバインダーは、高い鋳型強度や砂のリサイクル性など優れた特長を有する一方で、鋳型の生産性に課題があり、同じ可使時間(=鋳型の充填作業が可能な時間)でも、より鋳型強度の発現が早く、鋳型の製造時間が短くできるバインダーが求められています。
私たちはその課題解決のため、硬化反応メカニズムの解析を行ない、硬化反応初期はバインダー硬化反応をゆっくりと反応させ、硬化反応中期から後期にかけて急速に硬化促進させる新しい硬化反応制御技術を開発しました。その結果、鋳型の製造時間は従来品比1/2を達成しました。

今後も、花王独自の耐熱性ネットワークポリマーの設計技術によって、効率的で高品質な鋳物づくりに貢献してまいります。

花王研究所内での鋳造実験の様子

鋳型強度の経時変化比較

Page Top