蚊の基礎情報

蚊が媒介する感染症

蚊が媒介する病気と病原体の伝播の
しくみについて解説します。

蚊が媒介する感染症

蚊は、マラリア、デング熱、日本脳炎などの病気を媒介します。これらの病気は、表1に示す病原体が原因です[1]。これらの病原体に感染したヒトや他の動物を蚊が刺してしまった場合、病原体が蚊に移行し、蚊の体内で増殖します。体内で病原体が増殖した蚊が別のヒトを吸血するとき、蚊の唾液がヒトの体内に移行し、ヒトが病原体に感染してしまうのです(図)。

表1:蚊が媒介する病原体と病名

画像

画像

画像

図:蚊による病原体の
伝播のしくみ

画像

画像

画像

引用文献

[1] Sumangala BK., Aravind G. (2017) Evolution, current status and prospects of phyto-repellents against mosquitoes. Int J Pharmacol Phytochem Ethnomed, 8:54-73

花王の感染症制御研究デングウイルス蚊の忌避研究 TOPページへ

Page Top