蚊の基礎情報

蚊の宿主探索メカニズム

蚊がヒトを探索するための高度な感覚システムや
蚊の感覚器の詳細についてご説明します。

蚊が感知するヒトのシグナルとは

蚊はヒトを探索するために、極めて高度な感覚システムを有しており、ヒトが出すシグナルを鋭敏に検知します。蚊が最初に検出するのは、ヒトの呼気に含まれるCO2です。大気中のCO2濃度が0.04%であるのに対し、ヒトの呼気には1~10%のCO2が含まれています。呼気に含まれるCO2量は、人によっても、また同じ人でも活動によって異なります。

蚊はヒトから10m以上離れた場所でCO2を感知し、飛行行動を活性化します。その後、蚊は視覚情報と匂いを頼りにヒトに近づきます[1]。最終的には熱と水分を検知し、ヒトに降り立ちます。ヒトに降り立った後は、味覚でヒト皮膚の味を感知します。

画像

画像

画像

蚊がヒトを探す行動と優れた感覚システム

蚊がヒトを探す行動は、このように複数の感覚刺激が順番に関わる複雑な行動です。これらの感覚刺激を適切に認識し処理するために、蚊は非常に優れた感覚システムを備えています。

図は蚊の感覚器と、それらが受容する感覚を表したものです[2-6]。これらの感覚器には、それぞれの感覚刺激を受け取るセンサー(受容体)があります。たとえばネッタイシマカには、匂いを受け取る嗅覚受容体が129種類あります[4,7]。蚊の嗅覚受容体は、触角や小顎肢の他、意外なことに唇弁や脚にも存在しています。

画像

画像

画像

引用文献

[1] Van Breugel F., Riffell J., Fairhall A., Dickinson MH. (2015) Mosquitoes use vision to associate odor plumes with thermal targets. Curr Biol, 25: 2123-2129
[2] Sparks JT., Vinyard BT., Dickens JC. (2013) Gustatory receptor expression in the labella and tarsi of Aedes aegypti. Insect Biochem Mol Biol, 43: 1161-1171
[3] MacBride CS. (2016) Genes and odors underlying the recent evolution of mosquito preference for humans. Curr Biol, 26: R41-R46
[4] Bohbot JD., Sparks JT., Dickens JC. (2014) The maxillary palp of Aedes aegytpi, a model of multisensory integration. Insect Biochem Mol Biol, 48: 29-39
[5] Jung JW., Baeck SJ., Perumalsamy H., Hansson BS., Ahn YJ., Kwon HW. (2015) A novel olfactory pathway is essential for fast and efficient blood-feeding in mosquitoes. Sci Rep, 5: 13444
[6] Iikura H., Takizawa H., Ozawa S., Nakagawa T., Matsui Y., Nambu H. (2020) Mosquito repellence induced by tarsal contact with hydrophobic liquids. Sci Rep, 10:14480
[7] Matthews BJ., McBride CS., DeGennaro M., Despo O., Vosshall LB. (2016) The neurotranscriptome of the Aedes aegypti mosquito. BMC Genom, 17:32

花王の感染症制御研究デングウイルス蚊の忌避研究 TOPページへ

Page Top