蚊の基礎情報

蚊の生態

吸血行動や病気を媒介する蚊の種類や、
蚊の生態についてご紹介しています。

蚊の種類

世界中には、3500種類以上の蚊が存在しています。しかし、全ての蚊が血を吸うわけではありません。吸血せずに生活する蚊もいます。また、吸血する全ての蚊がヒトを刺し、病気を媒介するわけでもありません。蚊の中には鳥や牛など、他の生物を吸血するものも多くいます[1]。

病気を媒介する蚊と生態サイクル

世界で病気を媒介している蚊は、ハマダラカ(Anopheles)、シマカ(Aedes)、イエカ(Culex)の主に3種類、しかもメス蚊のみ、さらには交尾後のメスのみです(図1)。それでは、メスの蚊はなぜ血を必要とするのでしょうか?それは、卵を育てるためです。通常メス蚊は、1匹のオスと1度だけ交尾します[2]。交尾後に卵を育てるために、メス蚊は良質なタンパク質源である血を求めて吸血し、活動を止めて体内で卵を育てます。その後、産卵場所となるきれいな水場を探し、産卵します。産卵後は再び吸血し産卵する、というサイクルを繰り返します。メス蚊は1度に100個、生涯では500個以上の卵を産みます。

卵がかえると、ボウフラと呼ばれる幼虫になります。そのあと蛹(さなぎ)になり、2日ほどで成虫に羽化し、水から飛び立ちます(図2)。

図1

画像

図2

画像

画像

画像

引用文献

[1] Thiemann TC., Wheeler SS., Barker CM., Reisen WK. (2011) Mosquito host selection varies seasonally with host availability and mosquito density. Plos Negl Trop Dis, 5: e1452
[2] Duvall LB., Basrur NS., Molina H., MacMeniman CJ., Vosshall LB. (2017) A peptide signaling system that rapidly enforces paternity in the Aedes aegypti mosquito. Curr Biol, 27:3734-3742

花王の感染症制御研究デングウイルス蚊の忌避研究 TOPページへ

Page Top