ファインファイバー
テクノロジーで
美容と医療の未来を
切り拓く

「ファインファイバーテクノロジー」は、極細の繊維を吹きつけて肌表面に
しなやかな極薄の膜をつくる、全く新しい技術です。

画像

今後、医療領域への展開も視野に
入れて研究を深め、様々な皮膚の悩みを
抱える方々への貢献をめざします。

画像

極細繊維で積層型の極薄膜をつくる

不織布の技術から進化したエレクトロスピニング法を応用。直径1μm以下(髪の毛の約1/100)の非常に細い糸を紡ぎ出し、対象物の表面に幾層にも重ね合わせ、軽く、やわらかい極薄膜をつくります。

画像

製剤の性能を飛躍的に高める

積層型の極薄膜は、肌表面に密着し、動きにもしなやかに追従します。さらに、極細繊維が持つ非常に強い毛管力* により、化粧品などの製剤を膜全体に、速やかに、均一に拡げ、しっかりと保持します。その一で、肌を完全に閉塞することなく、適度な透湿性を保ちます。

  • * 物体内の狭いすき間が液体を吸い込む力

極薄膜がつくられる様子

製品化の第一弾はスキンケア化粧品

「ファインファイバーテクノロジー」を具現化する高性能小型機器を開発。
応用第一弾として、花王の「est」、カネボウ化粧品の「SENSAI」から発売を開始しました。

画像

Page Top