花王グループの「ピンクリボンへの想い」

花王グループの「ピンクリボンへの想い」

花王グループの「ピンクリボンへの想い」

Pink Ribbon あなたと、あなたの大切な人のために

Pink Ribbon あなたと、あなたの大切な人のために

Pink Ribbon あなたと、あなたの大切な人のために

花王グループでは、乳がんの早期発見の大切さを呼びかける世界的な運動「ピンクリボン」に賛同し、2007年から「花王グループ ピンクリボンキャンペーン」を実施してきました。

日本女性の11人に1人※1がかかるといわれる乳がん。誰でもかかる可能性があり、確実な予防方法はありませんが、早期発見・早期治療によって90%以上※2の方が治癒するといわれています。このため、セルフチェックや定期的な検診受診が大切です。
 
しかし、日本の検診受診率は、70%を超える欧米に比べ、まだ低いのが現状です。 花王グループでは、より多くの方に早期発見の大切さをお伝えすることで、検診を受ける方が増えることを願い、キャンペーンに取り組んでいます。


※1:地域がん登録全国推計値2013年データによる。国立がん研究センターがん情報サービス
※2:全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(診断年1997-2008 2018)

これまでの主な取り組み ※募金や寄付キャンペーンの寄付先:認定NPO法人 乳房健康研究会

これまでの主な取り組み ※募金や寄付キャンペーンの寄付先:認定NPO法人 乳房健康研究会

これまでの主な取り組み ※募金や寄付キャンペーンの寄付先:認定NPO法人 乳房健康研究会

2007

花王グループピンクリボンキャンペーン 
国内活動スタート

・ソフィーナ・エスト、カネボウ化粧品のカウンターで、乳がんの早期発見の大切さをお伝えするリーフレットを配布(2017年まで実施)

花王グループ ピンクリボンキャンペーンの説明をしているソフィーナとカネボウの店頭風景

花王グループ ピンクリボンキャンペーンの説明をしているソフィーナとカネボウの店頭風景

花王グループ ピンクリボンキャンペーンの説明をしているソフィーナとカネボウの店頭風景

2008

花王グループオリジナル ピンクリボンロゴを作成

ピンクリボンロゴ

2009

花王グループピンクリボンキャンペーン 
海外活動スタート

・ソフィーナ、カネボウ化粧品のカウンターで、日本と同様に乳がんの早期発見の大切さをお伝えするリーフレットを配布
・SNSを通じて乳がんに関する情報などを発信
<活動展開国・エリア(2018年時点)>
中国・台湾・香港・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン・ロシア

2011

東日本大震災復興支援「ピンクリボンでつなぐ絆プロジェクト」に特別協賛

・健康や美に関するセミナーや、肌チェック・メイクレッスンを行うブースを出展
・2016年まで、宮城、福島、岩手で計4回実施

ピンクリボンクリック募金をキャンペーン特設サイトで実施

ピンクリボンのセミナーの様子

ピンクリボンのセミナーの様子

ピンクリボンのセミナーの様子

2012〜13

2012〜13

2012〜13

衣料用柔軟剤「ハミング」とコラボレーション

・ピンクリボンデザインの商品の販売、寄付キャンペーンなどを展開(現在は終了しています)

ハミングNeoボトル

2013〜

化粧品ブランド「インプレス」で、キャンペーン期間中の寄付つき商品の展開を開始(2017年から「KANEBO」ブランドで継続)

・ピンクリボンデザインの商品の販売、寄付キャンペーンなどを展開(現在は終了しています)

カネボウの商品写真

2014

セルフチェックや検診のスケジュール管理ができる「ピンクリボンアプリ」を配信
(現在は配信を終了しています)

スマートフォンの画面でピンクリボンアプリを表示した写真

2017

「ピンクリボンカフェin大阪」に特別協賛

・スキンケアやメイクのレッスンブースを出展

大阪で開催されたピンクリボンカフェの様子

大阪で開催されたピンクリボンカフェの様子

大阪で開催されたピンクリボンカフェの様子

2018

ピンクリボンアドバイザーによるがん教育プロジェクトの支援を開始
(運営:認定NPO法人 乳房健康研究会)

そのほかにもピンクリボンウォークでのブース出展など、さまざまな場面での活動をすすめています。

そのほかにもピンクリボンウォークでのブース出展など、さまざまな場面での活動をすすめています。

そのほかにもピンクリボンウォークでのブース出展など、さまざまな場面での活動をすすめています。

花王グループ ピンクリボンキャンペーンサイトトップへ

Page Top