history_h1vi_3

頭髪洗浄と頭皮ケア

  • 花王の髪と頭皮の研究と技術

花王の頭皮・頭髪洗浄技術開発史

頭皮・頭髪のお手入れや実態に合わせて、洗浄・ケア技術を導入。

1932年

洗髪専用石けん:品質の安定性、良さを目指した週1回以上の洗髪をCMで推奨

1960年

液状シャンプー:家庭での風呂普及に伴う

1965年

リンス:洗髪後の感触低下意識高まる

1970年

抗菌、フケ防止ジンクピリチオン配合シャンプー「メリット」

1978年

キューティクルケアコンセプト「エッセンシャル」

1980年代

主洗浄成分をラウレス硫酸塩
 肌にやさしく潤滑性の高い洗浄成分
 シャンプーすすぎ時の感触向上

2001年

髪と地肌にやさしい弱酸性「メリット」

2006年

地肌の生まれ変わりのリズムを整えてトラブルを抑える「メリット」
 弱酸性洗浄+抗炎症成分処方
 殺菌剤フリー(ジンクピリチオン未配合)
 洗髪頻度の高い現代日本人向け、敏感肌のバリア能を高める

2007年

エイジング研究「セグレタ」

2010年

界面活性剤の角層への収着を抑えるマイルド洗浄技術「メリット」

2014年

固体皮脂をよりすみやかに洗い流せるシャンプー「メリット」

2015年

泡で出るから子どもでも洗いやすい「メリット 泡で出てくるシャンプーkid's」

2018年

ホコリや花粉などの汚れが付きにくいダストシールド技術「メリット」

2020年

炭酸フォームシャンプー・コンディショナー「セグレタ」

リンゴ酸配合の酸性洗浄で角層を健常に保つ

フケや赤みのある荒れた頭皮も、リンゴ酸配合の低pHシャンプーで洗うと、角層バリア能が健常になり頭皮がきれいになることを見出しました。また、抗炎症剤であるグリチルリチン酸ジカリウムとリンゴ酸とを合わせてシャンプーに配合すると、より効果が高まることを確認しました。これらの知見を花王独自技術として特許を取得しています。

image-01-l

image-01-m

image-01-s

image-02-l

image-02-m

image-02-s

リンゴ酸配合の酸性洗浄で角層を健常に保つ、洗浄成分


低pHシャンプーできちんと洗うための安全な成分


花王が頭皮ケア効果の高さから採用しているリンゴ酸配合・低pH処方でも、泡立ち・洗浄性優れた洗浄成分として、基本的にラウレス硫酸塩を採用しています。頭皮に良い低pHでも心地よい泡が立ち、余分な古い皮脂をきちんと落とせる、安全な処方を作っています。

ラウレス硫酸塩の特徴


  • 弱酸性で洗浄力を発揮する
    石鹸、ラウリル硫酸塩は、アルカリ性で洗浄力を発揮する。
  • 皮膚刺激性、肌へのマイルド性
    皮膚や眼に対する刺激性がアミノ酸系界面活性剤と同程度。
  • 皮脂の洗浄力・泡立ち・泡のなめらかさ
    アミノ酸系、ベタイン系、石鹸系の中で最も優れている。

持続可能な界面活性剤の調達と開発


持続可能なパーム油の調達ガイドライン


花王は、パーム油の調達において、生物多様性の保全に配慮し、森林破壊ゼロを支持します。
目標に対する進捗をWEBや毎年発行するサステナビリティ データブックで報告します。

花王の髪と頭皮の研究と技術


Page Top