東北にもっと笑顔を、
もっと元気を

東北の未来のために、
花王グループでは、
「心のケア」と「自立的復興」
を柱に、
活動を続けています。

スマイルとうほく
プロジェクト

花王グループでは、東北に笑顔を広げ、その笑顔を全国へ届けるこのプロジェクトに協賛しています。花王グループ社員による花畑づくり、仮設住宅や災害公営住宅を訪問し、花植えをはじめ、手洗いや除菌講座、ハンドケアなどを行ない、住民の方々に寄り添い、触れ合いながら交流を深めています。

※東北3紙(福島民報・河北新報・岩手日報)が主催するプロジェクト

災害公営住宅で園児と一緒に花植え(岩手県釜石市)

ハンドケアで楽しく住民の方々と交流
(宮城県気仙沼市)

住民で支え合う
「地域の健康づくり活動」
に協力

地域の住民が介護予防や健康増進を自ら実践し、自分たちの地域の健康は自分たちで支える。花王はこの活動の要となる「おたからサポーター養成講座」※に協力しています。
花王が持つ健康知見や健康ツールを生かし、研究員が、ロコモやメタボに関する講義や活動の効果検証を行なっています。これは新しいコミュニティづくりにもつながっています。

※石巻市を中心に活動する一般社団法人りぷらすが主催する「おたがいからだづくりサポーター養成講座」の略。地域の集会所などで体操教室を実践する人を養成する。

おたからサポーター養成講座でのロコモ・メタボ講義(上)と歩行測定(下)(宮城県石巻市)

コミュニティづくりにもつながる住民に向けた健康講座
(石巻市 川の上地区)

南三陸町ボランティア
&スタディツアー

さまざまなイノベーションを起こして仕事づくりを行なう東北の復興リーダーのもとで、社員がボランティアを行なっています。訪問先の小野花匠園では農作業をはじめ、新しい取り組みについてのレクチャーや意見交換を行なっています。社員にとっても、気づきや学びの多い時間となっています。

菊畑の作業を手伝う花王グループ社員

最終日には復興リーダーを囲んで、気づきや学びを共有

花王グループは、これからも
東北の未来に向けて、

活動を続けてまいります。

東日本大震災復興支援活動の
考え方とこれまでの取り組み

災害時に備える、
花王の清潔情報サイト

Page Top