Q.

【生活情報】ウォッシャブルスーツをすっきり洗って仕上げるには?


A.

ウォッシャブルスーツは型崩れしないように洗たくネットに入れて、「エマール」を使って、洗濯機のおしゃれ着/ドライ/手洗い/おうちクリーニングコースなどの弱水流のコースで洗います。

シミやくすみには「ワイドハイター EXパワー」などの酸素系漂白剤、仕上げ用に「ハミング 消臭実感」や「ハミング フレアフレグランス」などの柔軟仕上げ剤を使います。

脱水後はすぐに取り出し、形を整えて干しましょう。

取扱い表示がならご家庭で洗えます。

取扱い表示がの場合はご家庭では洗えません。

取扱い表示にがある場合は酸素系漂白剤が使えます。


<前処理>

エリ・袖口・わき・すそなど気になるところのシミや汚れには、「エマール」の原液をつけて指やタオルで押さえておくと、すっきり落ちます。


<洗い方>

洗濯機のおしゃれ着/ドライ/手洗い/おうちクリーニングコースなどの弱水流のコースで洗います。

スーツは、色の差が出ないようにジャケットとパンツを一緒に洗いましょう。

型くずれしないように、ボタンは留め、ファスナーは閉じておきます。

エリ・袖口・ズボンのすそなど汚れの気になる部分が表に出るようにたたみ、洗たくネットに入れます。

仕上げ用に「ハミング 消臭実感」や「ハミング フレアフレグランス」などの柔軟仕上げ剤を洗濯機の柔軟剤投入口にセットします。


<干し方>

脱水後すぐに取り出し、軽くたたいてシワを伸ばし形を整えます。

型崩れを防ぐため、衣類のサイズに合った厚みのあるハンガーにかけて干しましょう。

ハンガーにかけた後、身丈方向(上下または左右)に引っ張り、シワを伸ばしましょう。

ズボンはベルト部や脇などの縫い目を軽く伸ばし、折り線がとれないように形を整え、表にしたまますそを上にして吊るし、陰干しします。

スカートは裏返しにして吊るし、陰干しします。


<アイロン仕上げのポイント>

気になるシワは、あて布をしてスチームアイロンで仕上げます。

肩や袖は、バスタオルを中に入れ、丸みにそって軽くかけます。

エリは、裏側を平らに広げて、エリの形にそってかけると立体的に仕上がります。


スーツは頻繁に洗たくできないので、ブラッシングをしてホコリなどを落とし、繊維を整え、風を通してからしまいましょう。

「リセッシュ 除菌EX デオドラントパワー」は、しみついた汗・皮脂・タバコのニオイを繊維の奥からフルパワー消臭・除菌し、ウイルス除去効果*もあります。

また、「エマール リフレッシュミスト」は、シワもニオイもとれ、ウイルス除去*・抗菌効果・静電気防止効果もあるので気持ちよく着られます。


*すべてのウイルスを除去するわけではありません。エンベロープタイプのウイルス1種で効果を検証。

※すべての菌を抗菌するわけではありません。


この情報で解決されましたか?

送信できませんでした。しばらく経ってからお試しください。

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
回答をご希望の場合は、お問い合わせ一覧よりお問い合わせをお願いいたします。

送 信 中…

ご回答いただきありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Page Top