Q.

ヘアカラーによるかぶれとは?一度かぶれたらもうヘアカラーは使えないの?


A.

ヘアカラーによるかぶれとは、ヘアカラーの使用中や使用後に、頭・髪の生え際、顔、耳の後ろ、首すじなど、薬液が接触したところに、かゆみ・はれ・赤み・ブツブツなどの症状が出ることをいいます。(はれや赤みなどはなく、かゆみだけを感じる場合もあります)
このような症状の多くは、ヘアカラーの染料によるアレルギー反応です。
かぶれと気づかずに、またはかぶれの症状が軽いために、ヘアカラーの使用を繰り返したり、症状が治まった後に再使用したりすると、次第に症状が重くなり、まれに「アナフィラキシー」という重篤なアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)等が起こることがあり、危険です。
一度でも上記のようなかぶれやかゆみを経験したことがある方は、絶対にヘアカラーを使用しないでください。
ほとんどのヘアカラーは同じタイプの染料を使用しているので、かぶれた時に使用したヘアカラーだけでなく、美容院で使われるヘアカラーも含め、一切ヘアカラーは使用できません。
皮膚アレルギー試験(パッチテスト)もしないでください。

ヘアカラーを使えない方
●今までに、一度でもヘアカラーでかぶれたことがある方
●染毛中または染毛直後に、じんま疹(かゆみ、発疹、発赤)や、気分の悪さ(息苦しさ、めまい等)を経験したことのある方
●皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の結果、皮膚に異常を感じた方
●頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中など)
●頭、顔、首筋に、はれもの、傷、皮膚病がある方
●腎臓病、血液疾患などの既往症のある方
●体調不良の症状が持続する方(微熱、倦怠感、動悸、息切れ、紫斑、出血しやすい、生理時の出血が止まりにくい等)



■関連リンク


この情報で解決されましたか?

ご意見をお聞かせください。ご意見をもとにさらなる情報改善に努めてまいります。

※ 全角400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。ご入力いただかなくても送信できます。

送信できませんでした。しばらく経ってからお試しください。

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
回答をご希望の場合は、お問い合わせ一覧よりお問い合わせをお願いいたします。

送 信 中…

ご回答いただきありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Page Top