Q.

【衣類変色】ブラウスを一晩つけ置き漂白したら、赤いテープの色が移ってしまったのですが?


A.

【事例】
ブラウスを「ワイドハイター」のシミ抜き濃度で一晩つけ置き漂白したら、赤いテープの色が生地に移ってしまった。
@@alt690@@

【原因】
長くつけ置きしたために、テープの染料が身頃の生地に移ってしまったものです。
素材にもよりますが、一般に染色した繊維素材は、水に長く漬けていると、色が落ちやすくなります。洗剤や漂白剤の溶液につけた場合は、さらに色落ちしやすくなります。

【回復方法】
染料は繊維に強く結びつくので、多くの場合、回復は困難です。
ぬるま湯に洗剤と酸素系漂白剤を入れて、洗たくを繰り返すと、生地に移った色が次第に落ちてくることもあります。

【予防方法】
●つけ置き漂白する時は、必ず放置時間を守りましょう。
●色のついたテープ、レース、刺繍などには、色落ちしやすいものもあります。あらかじめ目立たない箇所に原液をつけて5分ほど置いてから白布でたたき、色が移るかどうかを確認しましょう。色がついたものは漂白できません。
●漂白後は、ぬれたまま放置せず、すぐにすすいで干してください。

この情報で解決されましたか?

上記をお選びになった理由をお聞かせください。さらなる情報改善に努めてまいります。

※ 全角400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。ご入力いただかなくても送信できます。
個人情報は入力しないでください。

送信できませんでした。しばらく経ってからお試しください。

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
回答をご希望の場合は、お問い合わせ一覧よりお問い合わせをお願いいたします。

送 信 中…

ご回答いただきありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Page Top