顔料ナノ分散技術を応用した「水性インクジェット用インク」

デジタル用印字材料

花王は、独自に設計した機能性ポリマーでナノサイズの顔料を被覆した(顔料ナノ分散技術)、水性のインクジェットインク用色材(顔料分散液)を開発し、高い信頼性で高速・高画質印刷を可能にするインクジェット色材技術を追求してきました。

これまで培ってきた「顔料ナノ分散技術」をさらに応用し、軟包装用フィルム基材への印刷に対して、VOCレス設計で環境負荷を低減した水性インクジェット用顔料インクの開発に成功いたしました。その結果、高品質で環境負荷を低減した、軟包装用フィルム印刷物を提供することが実現できました。顔料ナノ分散技術により、

  1. 高い吐出安定性
  2. 均一なドット形成(フィルム上での乾燥時凝集抑制)
  3. 広範なインク配合への適合性(親・疎水溶媒下での安定性維持)

といった価値を提案しました。

今後もインクジェット用インク・色材技術開発を通して、人と環境に優しいエコ・プリンティング・ソリューションを提供することで、彩りある豊かな生活の実現に貢献してまいります。

水系インクジェット用インク軟包装フィルム基材への印刷

Page Top