ケミカル

コア技術を駆使し、工業用製品分野でグローバルに貢献

花王では、消費者向けの商品開発のほかに、産業界の発展を支える革新的な工業用製品の創製に努めています。工業用製品分野では、高級アルコールを原料とする、特徴ある油脂誘導体、機能性界面活性剤や高分子素材を開発し、製品開発につなげるとともに、各種産業界の顧客に、「驚きと安心」「トータルソリューション」を提供してきました。
油脂誘導体の開発、そして、その工業用製品としての展開は、花王の創業と時を同じくしてスタートしました。今ではアジア地域6カ国、欧米地域4カ国に研究・生産拠点を置くまでに成長し、花王の中でも最もグローバル化が進んだ事業となり、幅広い産業分野、多彩な製品群で世界の顧客に貢献を続けています。
工業用製品開発の基盤となる技術は界面科学ですが、なかでも「界面物性制御技術」「ナノ表面改質技術」「機能性分子設計技術」、そしてそれらの複合化技術をコア技術と位置づけています。これらの研究・開発を深めるとともに、顧客の立場に立って、顧客の成功をサポートする製品やソリューションを提供しています。さらに今後は、世界で成長が期待される情報産業やエレクトロニクスといった分野へも進出し、環境保全分野にも積極的に貢献していきます。

Page Top