デイリーケア

紫外線を浴びるとなぜシミができるのですか?

肌が紫外線を浴びると表皮細胞が情報伝達物質(エンドセリンなど)を作りだし、「メラニンを作れ」という情報を細胞外に放出します。
この情報をメラノサイトが受け取るとメラノサイトが活性化してメラニンを産生し、肌を黒くします。これが「日やけ」のメカニズムです。通常は表皮のターンオーバーとともにメラニンは垢とともにはがれ落ちるため、肌の色は一定に保たれます。しかし長年紫外線を浴び続けるとメラニンが過剰に作られ、蓄積するようになります。これがシミの原因になるのです。

Page Top