• サステナビリティトピックス

2018年11月13日

「持続可能なパーム油のための日本ネットワーク(JaSPON)」の立ち上げ宣言を行ないました

「持続可能なパーム油会議2018(JaSPOC2018)」が10月22日に開催されました。
日本における持続可能なパーム油調達を推進するための会議で、今年で3回目の開催となり、花王は2016年の1回目(RSPOジャパン・デー2016として開催)から協賛企業および実行委員として参画しています。
小規模農園の現状、サプライチェーン透明化のイニシアチブ、認証制度、2020年東京オリンピック・パラリンピックおけるパーム油の調達基準など、パーム油に関する幅広い分野での取り組みが紹介されました。

今回の会議では、「持続可能なパーム油のための日本ネットワーク(JaSPON)」の立上げ宣言が行われました。日本市場における持続可能なパーム油調達の促進に寄与することを目的に、会員間の情報共有・意見交換、日本におけるプラットフォーム機能、国内外への情報発信等を担う組織を目指し、2019年に正式に立ち上げ、本格的に活動を開始します。

また、持続可能なパーム油の調達における先進企業4社に対しBest Practice表彰が行われました。
花王は、パーム農園までのトレーサビリティの目標設定とこれを達成するための取り組みの実行、CDP Forest2017におけるA-評価取得等が評価され「オランウータン賞」を受賞しました。

花王は今後も持続可能で責任あるパーム油の調達を実践してまいります。

Page Top