• サステナビリティトピックス

2016年05月18日

IOIグループのRSPO認証停止への対応について

花王は、環境保全を積極的に推進する立場から原材料調達ガイドライン*1 を設けており、パーム油については、適切なプランテーション開発と経営がなされていることをサプライヤーに確認すること、違反が認められた場合はその内容を確認し是正のはたらきかけを行なうことを定めています。

4月のIOIのRSPO認証停止の理由がインドネシアで行なわれたRSPOの行動原則*2 に違反したプランテーション開発であったことから、花王はIOI経営幹部との面会を含む対話により、事実を確認の上、真摯な取り組みにより問題を解決して社会や市場の信頼を回復するよう要請しました。IOIからは、苦情を申し立てた団体やRSPO等と問題解決に向けて進めている協議の内容とその様子の説明を受けております。

一方、この認証停止の措置を受け、花王はIOIから購入を予定していたRSPO認証原料を、他社からの購入へ切り替えることを決めています。

花王はこれからもIOIに対して問題解決の進捗を促し、確認して参りますが、その過程でIOIの取り組みが不十分と認められる場合は、さらなる調達先変更を含め、はたらきかけをより強めていきます。

花王は今後も、原材料調達ガイドラインに則り、責任ある調達を推進します。

  • * 1 原材料調達ガイドライン
  • * 2 RSPOの行動原則;RSPO Principles and Criteria
    RSPOが会員に遵守を求める行動原則と基準。今回の認証停止理由として、原則の2条(適用法令と規則の遵守)と7条(責任ある新規農園開発)への違反が挙げられた。
Page Top