• 社会貢献の取り組みトピックス

2022年01月24日

花王ハートポケット倶楽部「2021年度茨城地区地域助成」の贈呈式を実施

花王グループ社員による寄付組織の「花王ハートポケット倶楽部」では、花王の事業場がある栃木、和歌山、茨城の3つの地区で、地域の中間支援団体と協働で地域助成を実施しています。これは、各地域で活動するNPO、NGO、市民団体への助成を行ない、活動を応援することで、よりよい地域社会づくりへ寄与しようとするものです。
助成先の決定においては、応援したい活動に社員が一人ひとり投票して決定しています。投票を通じて、事業場がある地域のさまざまな課題に、全国の社員がしっかりと目を向ける機会となっています。

2021年度は2団体に助成決定

茨城地区地域助成は、認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズと協働で、「いばらき未来基金」の冠助成として2013年から開始しています。これまでにのべ24団体の助成を実施してきました。
2021年度は、生きづらさを抱える市民の居場所を応援する「地域の居場所の継続・発信助成」を設置し、10月には書類審査による第一次選考、12月には社員の投票による第二次選考を実施して、2団体への助成が決定しました。この決定を受けて、2021年12月27日に、助成決定団体による活動紹介と意見交換をオンラインで行ないました。

助成先のひとつである「NPO法人ソワンアンドソワレ」は助成を受けて、障がいや病気、高齢の家族を支える「ケアラー」を対象に、相談窓口の開設や就労支援を実施する予定です。お子さんが医療的ケア児である代表者は、「自ら望んでではなく、他の要因で引きこもらざるを得ない「ケアラー」の方々が、無理なく仕事ができるようにマッチングし、元の生活に戻れるように寄り添いたいです。」と話し、支援に対する強い想いを聞くことができました。
もうひとつの助成先である「フリースクールつくば空」は、自分の気持ちを伝えることが難しい低学年の子どもたちを含め、自分らしくいられる居場所づくりをめざすフリースクールを運営しています。代表者は、「学校へ行けない原因は、その子自身にあるわけではないので、気軽に次の居場所を見つけだせる環境にしたいと思っています。引き続き、茨城県内の学校と連携しながら、子どもたちのできることに一緒に挑戦していきます。」と話し、今後の活動への意気込みをうかがいました。

これらの事業を推進するにあたり、茨城NPOセンター・コモンズがサポートを行ない、誰もが安心して暮らせる地域を共にめざしていきます。

2021年度助成先

「地域の居場所の継続・発信助成」
■NPO法人ソワンアンドソワレ(牛久市)
申請事業内容:「介護があっても働く喜びを。ケアラーの生きがい支援事業」

■フリースクールつくば空(つくば市)
申請事業内容:「不登校の子どもたちにも様々な体験を」

画像

NPO法人ソワンアンドソワレ理事長の中島さん(左下)とフリースクールつくば空代表の山元さん(中央下)との意見交換

Page Top