• 社会貢献の取り組みトピックス

2019年02月19日

東北の事業団体に向けて「事業ブラッシュアップ・キャンプ2019」を開催

花王は、東日本大震災からの復興支援のひとつとして、自立的復興(産業復興支援)を掲げ、被災地での仕事づくり、コミュニティづくりを支援するため、被災地の復興に取り組む次世代リーダー*1 を特定非営利活動法人ETIC.(エティック)と複数企業で支える企業コンソーシアム「みちのく復興事業パートナーズ」*2 に、2012年から参画しています。

東北の未来に向けてつながり合う

東日本大震災から8年が経ち、被災地の状況も刻々と変化する中、これまで東北ではいくつもの「新しい地域社会」のあり方を模索する事業が生まれてきました。この動きを加速させていくためには個々の事業の持続と発展だけではなく、地域を巻き込んで課題解決に取り組んでいくことが求められると考えています。そこで、「みちのく復興事業パートナーズ」では、2015年度より、毎年「事業ブラッシュアップ・プログラム」を実施。このプログラムでは、今後地域を支えることが期待される団体(復興リーダー)に対し、定期的に団体が集まる機会をつくり、専門家によるメンタリングをはじめ、ETIC.のネットワークやノウハウおよび復興事業パートナーズの参画企業を通じて、各団体の成長に向けたさまざまな機会の提供を行なってきました。
今年度からは、東北の団体が自立的に新しい社会をつくるために、地域を越えてより広くお互いを知り、学び合い、つながる機会を提供することを目的に、1月10日~11日にかけて、宮城県仙台市で、新しいスキームの「事業ブラッシュアップ・キャンプ2019」を実施しました。当日は、約70名が参加し、団体それぞれの事業の課題や課題解決のアイデアを交換しました。
参加者からは、「夢や志を持ち主体的に活動されている多くの方に出会えたこと」「多様な価値観を持つプレーヤーやリーダーと本音で対話できたこと」など好評の声が寄せられました。

ここでのつながりを生かしながら、これからも自立的復興に向けて、東北の復興リーダーのコミュニティづくりを応援していきます。

事業ブラッシュアップ・キャンプの全体説明

すでに東北で活躍するリーダーによるメンタリングセッション

  • * 1 「次世代リーダー」
    復興に向けた活動に取り組み、活躍している社会起業家などのリーダー、リーダーを支え右腕となる人材、これから起業する人など

  • * 2 「みちのく復興事業パートナーズ」
    特定非営利活動法人ETIC.(エティック)によって設立され、本コンソーシアムを通じて現地のニーズを可視化し、企業のリソースとマッチングを行ない、ニーズに合わせた支援を行なっています。またETIC.と参画企業とが連携し、現地事業団体に向けた研修を実施したり、シンポジウムを開催し、社会に向けた情報発信を行うなど、現地の自立的な復興を支えています。

参画企業

株式会社ジェー・シー・ビー、株式会社電通、株式会社ベネッセホールディングス、花王株式会社

事務局

特定非営利活動法人ETIC.(エティック)

Page Top