• 社会貢献の取り組みトピックス

2015年04月21日

ピンクリボンウオーク2015に参加

花王グループでは、乳がんの早期発見の大切さを呼びかける「ピンクリボン」に賛同し、2007年からピンクリボンキャンペーンに取り組んでいます。この一環として、4月5日(日)、日比谷公園を起点に開催された「ピンクリボンウオーク2015」(認定NPO法人乳房健康研究会主催)に協賛しました。

女性の健康を応援する機会として

乳がんは、確実な予防方法はありませんが、早期に発見すれば90%以上の方が治癒するといわれており、定期的な検診受診がとても大切です。しかし、検診受診率は30%台と低いのが現状で、継続して早期発見の大切さを伝えるとともに検診受診をすすめる啓発活動を行なうことが求められます。

大会では、ウォーキングに加え、ピンクリボン団体や企業がブースを出展したり、専門家による乳がんや検診についての解説など、参加者が乳がんに関する知識を得、ピンクリボンへの理解を深める工夫が盛り込まれていました。花王でも、今年の大会のテーマ「自分のからだCHECK UP」に合わせ、自分に合ったキレイを自分で簡単に再現するポイントメイクのご紹介と、乳がんのセルフチェックや検診受診のタイミングをお知らせするピンクリボンアプリのご紹介をブースで実施し、多くの方にご来場いただきました。

当日は雨が降るあいにくの天気でしたが、2km、5km、10kmのコースに分かれて皇居周辺をめぐるウォーキングには、花王グループ社員も含めて1,500名以上の方が参加しました。大会に参加した花王グループ社員からは、定期健診で乳がん検診の受診機会があるものの、早期発見の大切さを改めて認識した、との声があがりました。

花王グループでは、10月~11月の2カ月間、花王ソフィーナ・エスト、カネボウ化粧品の店頭で、乳がんの早期発見の大切さをお伝えする活動を実施する予定です。ぜひ店頭に足をお運びください。

花王グループは、今後も、女性の健康を応援する機会として、ピンクリボンを応援してまいります。

左)ウォーキングに参加した社員とその家族たち<br>右)「ナイスウオーカー賞」副賞として、ブースでもご紹介したメイク品を含む花王製品をプレゼント

左)ウォーキングに参加した社員とその家族たち
右)「ナイスウオーカー賞」副賞として、ブースでもご紹介したメイク品を含む花王製品をプレゼント

Page Top