• 社会貢献の取り組みトピックス

2015年03月30日

JSEC2014スタディツアーを開催

花王は、高校生のための科学技術の自由研究コンテスト「高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(朝日新聞社、テレビ朝日主催)に2005年から協賛し、優秀な作品に花王賞、花王特別奨励賞を贈呈しています。3月10日(火)~11日(水)の二日間にわたり、受賞校を花王に招いて研究員との交流をはかるスタディツアーを開催しました。

研究員との交流を深める機会として

12月に最終審査会が行なわれたJSEC2014では、米子工業高等専門学校の「卵殻の内皮が示す機能を用いて食品のメラニン沈着を抑制する研究」に花王賞を、山口県立山口高等学校の「緑色のナミウズムシの生態」に花王特別奨励賞を贈呈しました。スタディツアーは、受賞校の研究への熱意をたたえて開催するもので、両校を花王和歌山工場に招いて、工場内の見学と研究交流会を行ないました。

花王エコラボミュージアムを見学

花王エコラボミュージアムを見学

初日は、工場内の見学を実施し、実際に製品が製造される過程をご覧いただいたり、工場内にある花王エコラボミュージアムで先端のエコ技術を体験していただきました。花王エコラボミュージアムは、地球環境と花王のエコ技術の情報発信ミュージアムで、環境についてさまざまな展示を行なっています。参加者の皆さんの関心も高く、見学後には、「環境に対する優しさをたくさん感じました」という声もいただくなど、花王の環境への取り組みに理解を深めていただくことができました。この経験を身近なくらしの中で生かしていただけることを願っています。

研究交流会では研究員からアドバイスも

研究交流会では研究員からアドバイスも

翌日は、研究員との交流を深める研究交流会を実施しました。花王からは、事例を交えて研究開発活動を紹介し、両校からは、JSEC受賞研究について発表していただきました。それぞれの発表に質疑応答の時間を設け、高校生から花王の発表に質問をいただいたり、両校の受賞研究の発表に対して花王の研究員が質問やアドバイスを行ないました。両校の参加者からは、「活発なディスカッションができて楽しかった」「貴重なアドバイスを今後に活かしたい」といった声をいただきました。また、「他の高校の発表もじっくり聞くことができて良かった」との声もあり、高校生同士の交流にもつながりました。

二日間という限られた時間の中でしたが、先生からも、「企業で働いている人の生の声が彼らに大きな刺激を与えることを改めて感じました」と好評で、キャリア教育にもつながる有意義な会となりました。

花王は今後も次世代育成につながる活動を推進してまいります。

Page Top