誰もが自分で簡単に髪全体をムラなく染められる「泡カラー技術」

ヘアケア

ヘアカラーは、「髪色を変え、自分を演出したい」、「白髪を染めて若々しく見せたい」と世界中で使用されています。しかし製品に対しては、「美容師のようなテクニックがなくても、自分で手間をかけず、簡単に色ムラなく染めたい」という要望が多く寄せられていました。

花王では、その目標を達成するため、やわらかくボリュームがあり、髪に広げやすい泡剤型に着目しました。ヘアカラーの基本性能である染毛性能を維持する濃密さを持ち、塗布した後の放置時間に液ダレをしない高い泡安定性と、ヘアカラー施術後のきしみを大きく軽減させる高いケア効果を兼ね備えた泡カラーを仕上げることに成功しました。ヘアカラーとして新しい剤型であり、技術開発は試行錯誤の繰り返しで困難を極めましたが、長年培ってきた界面科学の知見を活かして完成し、2007年に「泡カラー」として製品化され、自分で染めやすい剤型として、消費者の皆さまから支持を得ています。

その後も、数年の歳月をかけて、使いやすさや性能のさらなる改善を重ねてきました。現在の「泡カラー」は、髪に塗り広げた泡を揉み込むと、高分子複合体が特異的に液膜界面に吸着することでクリームのような高密着に変化するという独自の「トランスフォーメーション技術」が導入され、高性能な製品に進化しています(図1、2)。その結果、現在もホームヘアカラー市場で高い評価を受けています。

画像

図1 染色中パワフル密着泡の様子

画像

図2 もみこみ時間と泡粘度の関係

<関連するテーマ>

花王のESGの取り組み
Kirei Lifestyle Plan

画像

画像

Page Top