参考資料: 2022年12月01日

  • ニュースリリース
  • サステナビリティ関連

花王、サプライヤーへの取り組みが評価され
「パートナーシップ構築宣言」実施企業の中から
最優秀賞の経済産業大臣賞を受賞

花王株式会社(社長・長谷部佳宏)は、11月25日に行なわれた経済産業省主催の「パートナーシップ構築シンポジウム」において「パートナーシップ構築宣言」を行なった企業の中から優良企業として選定され、最優秀賞である経済産業大臣賞を受賞しました。「パートナーシップ構築宣言」は、サプライチェーンにおいて発注者である企業がサプライチェーン全体の連携・共存共栄をめざすことを宣言する、2020年5月に創設された制度です。今回の受賞は、花王のサプライヤーへの取り組みが評価されたものです。

花王 常務執行役員 根来 昌一(左)と
審査委員長である伊藤 邦雄 一橋大学名誉教授(右)。

「パートナーシップ構築宣言」は、日本経済団体連合会長、日本商工会議所会頭、日本労働組合連合会会長、および関係大臣(内閣府、経済産業省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省)をメンバーとする「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」において、2020年に創設されました。サプライチェーンの取引先と価値創造を図る企業との連携・共存共栄を進めることで新たなパートナーシップを構築することを、発注者である企業の立場から代表者の名前で宣言するものです。花王は2022年3月に宣言を公開しています。今回の表彰については、「パートナーシップ構築宣言」を行なっている企業に関する調査において、一定数以上の取引先の中小企業から評価の回答が集まった宣言企業のうち、サプライチェーン全体での付加価値向上に向けた連携の取り組みおよび望ましい取引慣行の実施について、パートナーシップ構築大賞選定委員会(委員長:伊藤邦雄 一橋大学名誉教授)の審査等により、選出されました。

花王グループは、2019年4月にESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を策定しました。また、2021年からは、「未来のいのちを守る~Sustainability as the only path」をビジョンに掲げた中期経営計画「K25」をスタートしています。サプライヤーとの対話を通じてサステナブルな社会に貢献する「ESG調達」は、「Kirei Lifestyle Plan」の重点組みテーマのなかでは「責任ある原材料調達」に貢献するものです。「ESG調達」の実現に向けて、公正・公平、遵法・倫理、社会的責任の項目を定めた「調達基本方針」、それに則った調達活動を具体的なものとするための「お取引先に求めるパートナーシップ要件」「お取引先とのESG活動推進」「ハイリスクサプライチェーンからの調達」のガイドラインを、サプライヤーと共有しています。

今回の受賞にあたっては、サプライヤーのCDPサプライチェーンプログラム*1 への参加・回答、Sedex*2 への加盟・回答を促進し、回答のアセスメント結果を花王独自の視点からフィードバックすることで、ESG活動への支援を行なっている点や、サプライヤーとの情報共有・意見交換、表彰の場として「ベンダーサミット」を毎年開催している点などが評価されました。

  • * 1 機関投資家による非営利団体。気候変動・水・森林に関する情報開示を企業等に求める活動を実施。サプライチェーンプログラムは、メンバー企業が自らのサプライヤーに対し、気候変動・水・森林に関する情報開示についてCDPプラットフォームを用いて求める取り組み
  • * 2 Supplier Ethical Data Exchange。グローバルサプライチェーンにおける倫理的かつ責任あるビジネス慣行の促進を目的に、労働基準・健康と安全・環境・ビジネス慣行に関する情報の共有と確認を行なう世界最大規模の協働プラットフォーム

花王は今後も、経営にESGの視点を導入し、事業の発展と、消費者や社会へのよりよい製品・サービスの提供をめざし、パーパスである「豊かな共生世界の実現」に向けて取り組んでまいります。

Page Top