参考資料: 2019年04月01日

  • お知らせ
  • サステナビリティ関連

栃木工場と豊橋工場で太陽光発電設備が稼働

花王グループは、事業活動による温室効果ガス排出量を削減する取り組みの一環として、太陽光発電設備の導入およびCO2排出量ゼロ電力の購入を実施し、順次、再生可能エネルギーの導入を進めています。その一環として、花王グループの栃木工場と豊橋工場は、2019年2月1日より、自家消費型太陽光発電設備の運用を開始いたしました。
栃木工場では、既設生産棟2棟の屋根にパネル発電容量合計1,500kWの太陽光発電設備を導入したものであり、花王グループ最大のメガソーラーになります(図1)。また豊橋工場では、2018年に竣工した生産棟および事務棟の屋根にパネル発電容量合計336kWの太陽光発電設備を導入しました(図2)。
2工場4棟合計で、年間約1,900MWhの発電により約1,100トンのCO2排出量削減を見込んでいます。

本件は環境省の補助事業案件(平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金)であり、花王の地域特性に応じた再生可能エネルギーの普及拡大や、再生可能エネルギー設備への投資促進方針が評価されたものです。
花王は、事業活動による温室効果ガス排出量を削減する取り組みの一環として、太陽光発電設備を中心に再生可能エネルギーの導入を進めてまいります。

【参考情報 : これまでの実績】太陽光発電設備の導入やCO2排出量ゼロ電力の購入
《国内》
2018.01 愛媛工場(花王サニタリープロダクツ愛媛)、太陽光発電設備(パネル容量:334kW)を導入
2018.06 小田原工場(花王コスメプロダクツ小田原)、購入電力の40%を水力電源によるCO2排出量ゼロ電力使用
2018.10 愛媛工場、非化石証書*1 を使用した電気調達により、購入電力のCO2排出ゼロ化(CO2排出量年間25,000トンの削減)を実現
→ 愛媛工場は、先に導入している太陽光発電設備と合わせ、工場使用電力を100%再生可能エネルギー化
2018.10 栃木工場、鹿島工場、川崎工場、小田原工場において、水力電源の受電やグリーン電力証書を使用することにより、4工場合計でCO2排出量年間29,000トンの削減を実現
《海外》
2018.04 マレーシア/花王ペナングループ、太陽光発電設備(パネル容量:136kW)を導入
2018.07 花王インダストリアル(タイランド)、太陽光発電設備(パネル容量:580kW)を導入
2018.08 上海花王有限公司(中国)、太陽光発電設備(パネル容量:297kW)を導入
2018.10 花王USA(Kao USA Inc.、米国)、太陽光発電設備(パネル容量:46kW)を導入

  • * 1 非化石証書
    非化石電源により発電された電気が持つ「非化石電源由来であることの価値」を証書の形で見える化したもので、小売電気事業者が非化石価値取引市場で調達して、需要家に販売する電気に活用することでCO2排出量の削減が認められているものです。2018年より国内で取引が開始されました。

図1 栃木工場の太陽光発電設備(生産棟の屋上の様子)

図2 豊橋工場の太陽光発電設備(生産棟および事務棟の屋上の様子)

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042
Page Top