参考資料: 2019年03月29日

  • お知らせ
  • サステナビリティ関連

8年目の「中国清潔・節水全国運動(清洁节水中国行)」を中国環境保護部と共同で実施

花王株式会社(社長・澤田道隆)の中国現地法人である、花王(中国)投資有限公司(董事長兼総経理・中西 稔)はこのたび、中国環境保護部宣伝教育センターとの共催で、「中国清潔・節水全国運動(中国語表記:清洁节水中国行)」を開始しました。

この活動は、水資源の不足が大きな社会問題となっている中国国内において、「1世帯1年間1万リットルの節水(中国語表記:一家一年一万升)」をテーマに、節水を呼びかけるものです。節水の大切さを喚起したい中国政府と、節水型衣料用洗剤を販売するなど中国においても消費者とともに取り組むことができるエコ活動を推進している花王の考えが一致し、2012年より、国連「世界水の日」(World Water Day)にあわせて毎年3月下旬から実施しており、今年で8年目を迎えました。

3月22日に陝西省西安市で行なわれた開幕式には、環境保護部 宣伝教育センター副主任の何家振(He Jiazhen)氏など中国政府機関の関係代表、花王関係者、ボランティア学生の代表や地域住民など、100名以上が出席しました。開会式の後、会場内では、節水や水資源の大切さを紹介するパネル展示、「花王国際こども環境絵画コンテスト」受賞作品の展示などを実施しました。

中国・西安市で行なわれた開幕式の様子(2019年3月22日)

3月末からは、中国国内の大学において、学生達が環境保全に関するアイデアを提案するイベントを開催、6月に活動成果を発表するイベントを実施する予定です。大学での活動は2015年から取り組んでいますが、年を追うごとに活動範囲・内容が拡充しており、近年は活動・研究の対象となるテーマも節水だけでなく、生物多様性、土壌保護問題、ごみ処理など、多岐にわたっています。

花王は、2009年に「環境宣言」を発表して以来、モノづくりの設計や製造プロセスだけでなく、お客さまにご使用いただく過程においても、節水や省エネなど、お客さまとともに取り組むことができる環境活動(“いっしょにeco”)を推進しています。中国においては、2010年の秋に、洗たくのすすぎにかかる回数や時間を軽減し、節水に貢献できる衣料用洗剤を発売しました。花王が中国都市部(北京・上海)を対象に行なった洗濯実態調査から得たデータをもとに、この洗剤の節水効果を算出すると、「すすぎ1回」を設定できる洗濯機を使用する世帯の場合、1世帯あたり1年間で、約1万リットルの節水が見込めます。

花王は今後も、持続可能な社会の構築をめざすとともに、広く社会全体と連携した環境活動を通じて、社会のサステナビリティ(持続可能性)への貢献をめざしてまいります。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7043
Page Top