発表資料: 2018年06月21日

  • ニュースリリース
  • 経営・財務関連

健康経営に取り組む花王のノウハウを紹介する、「KaoみんなのGENKIプロジェクト」

「しっかり食べて太りにくい食事法“スマート和食”」公開

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、くらしのコミュニティサイト「Kao PLAZA」内情報コーナー「KaoみんなのGENKI(げんき)プロジェクト*1 」において、“しっかり食べて太りにくい食事法”「スマート和食」の情報を公開します。「スマート和食」の特長は、食事の“量”ばかりを気にせず食事の“質”や“くらし方”を良くすることで、内臓脂肪をためない食生活を実現することです。このため、無理なく続けられます。
また、この情報コーナーは、花王の研究・技術で得られた健康維持・増進に役立つ知見を、社員やその家族だけでなく、広く社会に情報提供し、健康づくり活動に役立てていただくためのものです。
花王は、この「KaoみんなのGENKIプロジェクト」を通じて、社会に広く情報提供していくとともに、健康づくり活動への協力・支援を積極的に進めて、日本の超高齢社会の“健康づくり”分野に貢献してまいります。

  • * 1 KaoみんなのGENKIプロジェクト:花王社内の知見を社会に発信、共有していく取り組み。人それぞれがイメージする“元気に近づくことができるヒントが見つかる”健康づくり情報コーナー

「スマート和食」開発の背景

花王は、2008年から内臓脂肪の蓄積と食事を含む生活習慣との関係を研究してきた結果、内臓脂肪の蓄積の増減に影響する食事習慣には、食事の“量”(摂取エネルギー)だけでなく、食事の“質”(食品選択・栄養バランス)、食事の“時間”(いつ食べるか)という要因があることがわかってきました。そして食事の“質”と“時間”を工夫すれば代謝が高まって消費エネルギーが増え、摂取と消費のエネルギーバランスの改善に役立つことを科学的に見いだしました。
内臓脂肪をためにくい食事の“質”は、食材では豆類(大豆および他の豆類)、野菜、魚介、果実、海藻、緑茶などの、日本型食生活でなじみのある食材の摂取頻度が高くなることから、「内臓脂肪をためにくいという日本型食生活の健康ベネフィットを、現代のおいしい食生活にスマートに取り入れる」という意味で、「スマート和食」と名付けました。

「スマート和食」の具体的な例

「スマート和食」の展開状況

花王本社の社員食堂では2014年から「スマート和食」の昼食提供を始め、現在、花王の国内11事業所にある社員食堂で提供を行なっています。2014年に実施した3か月間のモニター試験では、「スマート和食」昼食の摂取頻度が高い社員ほど大きな内臓脂肪の減少が見られました。(2015年5月、日本産業衛生学会にて発表)
2016年からは、健康経営に取り組む先進的な企業および健康経営の普及に取り組む地方自治体からの要請で、職場への「スマート和食」の導入を有償で支援しています。

※「スマート和食」は、花王の登録商標です。

《補足情報》 “しっかり食べて太りにくい食事法”「スマート和食」の食事の“質”と“くらし方”のポイント

花王の内臓脂肪研究から見出された「内臓脂肪をためない食事の“質”」のポイントは、次の3つです。

○内臓脂肪をためない食事の“質”3つのポイント
【ポイント1】脂質を減らしてタンパク質を増やす
【ポイント2】糖質をとるなら食物繊維を一緒に
【ポイント3】脂質をとるならオメガ3
この3つのポイントを、難しい栄養計算をせずに日々の食卓で実践するガイドラインが「スマート和食の食事5か条」、内臓脂肪をためない“くらし方”をまとめたものが「スマート和食のくらし方3か条」です。

○「スマート和食」の食事5か条: ひとつでも実践すると、太りにくい食事の“質”に近づきます。
1.【食卓の工夫】毎食ご飯を中心に、主菜1皿と副菜2皿をそろえる。
2.【主菜の工夫】魚と大豆製品は、それぞれ1日1回ずつ食べる。
3.【主菜の工夫】肉は低脂肪のものを選ぶ。
4.【副菜の工夫】旬の野菜、きのこ、海藻、芋、豆、果物などをまんべんなく食べる。
5.【調理方法】油脂を使った料理は1食1皿
ドレッシングやマヨネーズ、揚げ物は極力控える。塩分の取り過ぎにも注意。

○「スマート和食」のくらし方3か条: しっかり食べて、太りにくい“くらし方”
1.【時間】朝食は午前8時まで、夕食は午後8時までにとるのが望ましい。
2.【間食・飲酒】お菓子やアルコールを1日の総摂取エネルギーの1割以下
(目安:男性;約250kcal、女性;約200kcal)
3.【調整】週に1回は体重を測定

*本資料は、重工記者クラブに配信しています。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top